こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



看護師業界において50代と言うと、キャリアの頂点に近付く年代ですよね。



看護師長や看護部長、その他の重役ポストに就く看護師も大勢います。



ですが、家族の転勤やその他の事情で、どうしても転職しなくてはならない看護師もいます



同じ職場でキャリアを積み重ねていく事ができなくなった50代ナースの転職。



どうすれば成功するのか、また、どのような職場に絞るなら仕事が見つけやすくなるのかについて説明いたします。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





50代看護師の転職を成功させる




20代や30代の看護師と比べると、どうしても体力面での衰えが気になる50代。



本人が「若い人以上に働けます!」と主張したところで、面接官は言葉をそのまま受け取ってくれるとは限りません



では、どうすれば転職に成功することができるでしょうか。



成功するポイント1;専門分野をアピールする




看護職を50代まで続けていると、色々な診療科を渡り歩いてきたナースでも、勤務年数が長い診療科や関わりが深い診療科が出てきますよね。



日々進歩する医療現場において最新技術を身につけていることも大切ですが、専門分野における基礎的な知識や看護スキルを身につけているナースは重宝されます



長年培ってきた経験を無駄にしないためにも、思う存分、専門分野をアピールして下さい!



ただし、自分自身の専門分野を取り扱っていない医療機関に転職したい場合には、専門分野のアピールは無駄になりますので止めておきましょうね。



成功するポイント2;キャリアをしつこくアピールしない




専門分野がある、もしくは長じた分野があるということは、転職先の医療機関にとっても即戦力となる大事な人材確保につながりますから、好意的に迎えてもらうことができます。



ですが、「以前いた○○病院では看護師長を務め、年収○○万円いただいていました。」などと露骨にキャリアや年収をアピールすると、同額以上の給与もしくは同程度以上の職を提供できない勤務先の場合、「残念ながらご希望に沿うことができません」とその場でお断りされてしまう可能性もあるでしょう。



給料や待遇面の交渉は看護師転職サイトの担当コンサルタントに伝えれば良いのですから、自分自身で面接時に直接伝えない方が良いと私は思います。



成功するポイント3;無理のない勤務時間を希望する




採用するからには長く働いてほしいと面接官は考えますので、50代という年齢を考慮した無理のない勤務時間を希望するようにしましょう



「若い人と同じように働けますので、夜勤も月に4回、残業も毎日でもOKです!」などと言ってしまうと、自分自身も後で辛い思いをするかもしれませんよ。



スポンサーリンク




50代看護師の転職に適した職場




50代看護師の転職先として、どのような職場が適していると言うことができるでしょうか。



おすすめ職場1;クリニック




看護師の人数が少ないクリニックでは、経験豊富で様々なケースにスムーズに対応できる50代の看護師の需要は高いと言うことができます。



看護師になりたてのナースでは気付かないようなこと(診察室の汚れや医療器具の適切な配置等)に気付くことができますので、医師にとっても有難い存在になると私は思います。



おすすめ職場2;介護施設




介護施設も、50代ならではの幅広い知見と気遣いを活かせる職場です。



一般病院と比べると残業が少ない職場ですので、家事と両立することもできます。



ですが、介護士と協力した業務が求められますので、入所者を抱きかかえて移動させたり入浴の介助を手伝ったりと、意外と体力を必要とする現場でもあります。



介護施設の需要はますます高まっていますので、自分自身の体力に自信がある方にはぜひおすすめの職場となると私は思いますよ。



看護師転職サイトの利用を考えている方はこちらの記事もご覧ください。

看護師転職サイトのデメリットとは?求人探しは複数登録は必須?



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる