おすすめ求人サイトバナー

海外転職 アメリカの看護師の年収はいくら?


こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



日本では比較的高給の職業とされている『看護師』ですが、アメリカではどの程度の年収が相場なのでしょうか。



また、英語が得意な方などは、アメリカ等の外国で看護師として働きたいという希望を持っていらっしゃるかもしれませんよね。



実際に看護師としてアメリカで働く場合、どのような手続きを踏めば実現することができるのか、年収相場情報を交えながら解説致します。




看護師転職サイトおすすめ1位 看護roo


画像引用;看護roo!公式サイト

 年収600万以上、残業なしなど非公開求人多数
 満足度96.2%、お祝い金最大12万
 簡単30秒入力


【高給料+休日多め】
 月給43万、年休123日、賞与105万、福利厚生充実


【有給消化+高給与】
 月給42万、賞与100万、有給消化ほぼ100%


【残業なし+休み多め】
 月給40万、残業ゼロ、年休125日以上











アメリカでも看護師の年収は高い!




アメリカでも看護師の年収は高い!



日本では看護師の平均年収(正職員の場合、夜勤あり)は470万円ですが、アメリカの看護師の平均年収は6万9000ドル、日本円にして700万円ほどですので、かなり高い給与と言えます。



もちろん平均年収は、地域によっても大きく変わります。



サンフランシスコやロサンゼルス等の大都市を抱えるカリフォルニア州では、正看護師の平均年収は9万7000ドル、日本円にして1000万円ほどですが、農場が多いバーモント州では平均年収は5万ドル(約520万円)と、ほぼ半分しかありません。



日本では、首都圏や京阪神の看護師年収は高めに設定されているものの、年収が低い地域と比べて1~2割ほどしか差はありません。



そう考えると、アメリカでは物価や年収の地域差が日本より大きいと見ることができるでしょう。



因みに、日本の地域別給料は次の記事で詳しく紹介しています。



ぜひチェックしてみてください。



看護師給料の手取り平均は?所属・地域・年数・初任給別まとめ!

看護師給料ランキング!高収入で待遇の良い都道府県は?



アメリカでは正看護師は大卒のみ




日本では専門学校卒や短大卒の看護師も少なくありませんが、アメリカでは正看護師(RN:Registerd Nurse)になることができるのは4年制の看護系大学を卒業してNCLEXと呼ばれる看護師資格試験に合格した人のみです。



看護師資格を取得するために少なくとも4年間は大学で勉強や実習をしなくてはならないことを考えると、高給与なのも当然だと私は思います。



また、NP(Nurse Practitioner)と呼ばれる上級看護師になるためには、看護系の大学院で修士以上を取得していなくてはなりません



NPは平均年収10万ドル(日本円で1040万円ほど)と高給与ですが、同程度の勉強と研修、時間、費用を必要とする医師の平均年収が20万ドル(日本円で2080万円ほど)であることを考えると、あまり割に合わない仕事だと私も思います。



そのため(もちろん仕事が激務であることも理由の1つですが)、高給与であるに関わらず、アメリカでは日本と同様、看護師不足が深刻な問題となっています。



アメリカに看護師転職するメリット・デメリットを専門家に無料相談してみる



スポンサーリンク




海外で看護師として働くには



海外で看護師として働くには?

ナースの資格はその国だけで通用する資格ですので、日本で看護師の資格を取得しても、海外で看護師として働くことはできません



ですが、大学や短期大学で取得した単位や学位は、海外でもほとんどの場合認められますので、アメリカならNCLEX等の資格試験に必要な単位さえ取得すれば、NCLEX等の看護師資格試験を受験することができます。



ただし、アメリカでは州ごとに資格試験が異なりますので、どの州で看護師資格を取得するかをまず決めてから、看護学校への留学や看護学校入学に必要な語学試験等を受けなくてはいけません。



看護師資格試験に合格したら、アメリカ国内で働く場合はワーキングビザの申請を行います。



アメリカでは看護師不足が深刻な問題となっていますので、看護師としてワーキングビザを取得すると、グリーンカード(永住権)の取得が容易と言われています。



アメリカに永住するために、アメリカの看護師資格を取得するのも良い方法だと私は思います。



アメリカ以外の国でナースとして働く方法




海外でナースとして働く基本的な流れは、次の通りです。



まず、看護師資格試験を受験するための単位をその国の看護大学等で取得し、必要ならばその看護大学に入学するための語学試験を受験します。



その後、看護師資格試験を受験し、ワーキングビザの申請を行います。



看護師などの医療スタッフが多すぎて困っている国はありませんので、看護師資格さえ取得できれば、ワーキングビザなどの居住権は比較的容易に確保できるでしょう。



留学や移住のための資金を貯める




海外で働くためにも、また、海外に移住するためにも、ある程度まとまった資金が必要となるのは同じです。



また、留学・移住する前にある程度の語学力は必要ですので、できれば日本に居る間に語学を学んでおきたいですよね。



この2つの条件を満たすためには高給与かつ激務過ぎない職場で働く必要がありますが、なかなかそのような好条件の職場を見つけるのは難しいものです。



そのようなときは、個人で転職活動をするのではなく、看護師専門の求人サイトを使った転職活動がオススメです。



高給与案件や勤務時間の短い案件などを紹介してもらえますので、効率よく理想的な職場を見つけることができるでしょう。



ナースたちから支持されている求人サイトをいくつか紹介しますので、ぜひ活用して下さいね。



看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!



看護師転職サイトおすすめ1位 看護roo

画像引用;看護roo!公式サイト

 年収600万以上、残業なしなど非公開求人多数
 満足度96.2%、お祝い金最大12万
 簡単30秒入力


【高給料+休日多め】
 月給43万、年休123日、賞与105万、福利厚生充実


【有給消化+高給与】
 月給42万、賞与100万、有給消化ほぼ100%


【残業なし+休み多め】
 月給40万、残業ゼロ、年休125日以上