中堅看護師の役割とは 求められる働き方と立ち位置について


こんにちは、看護師転職アドバイザーのMIHOです。



みなさんは、『中堅』という言葉にどんなイメージを持ちますか?



もう新人ではないというイメージや組織の中でも中間の立ち位置というイメージ、『堅』という漢字が示すようにしっかりと頼れるイメージなどを持つのではないでしょうか。



看護師の世界では、パトリシア・ベナーが提唱した臨床看護実践の技能習得レベルにおける『中堅レベル』を指すことが多いです。



この『中堅レベル』とは看護師としての経験を4年~10年ほど積んだナースを意味しますので、人によっては20代前半でも『中堅看護師』ということになりますね。



今日は、職場における中堅看護師の役割や立ち位置、理想的な働き方について説明します。



ベテラン看護師になるために、しっかりと中堅看護師としての技量を是非磨いていきましょう。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





中堅看護師の役割




病院などの組織において、中堅看護師にはどのような役割が期待されているのでしょうか。



中堅看護師の役割1;新人教育




役割1 新人教育


看護師として4~5年ほど勤務すると、「今度入ってくる看護師の○○さん、担当よろしくね!」とチーム長さんや看護師長さんから新人看護師の教育を任されるようになります。



このときに初めて、「私はもう新人看護師じゃないんだ」という思いを持つ方も多いのではないでしょうか。



新人看護師と言っても数年しか年齢は違いませんから、似たような目線で共感を持って指導して行けますよね。



新人ナースが自信とやる気を持てるように、自分の新人時代と重ね合わせながら成長するのを気長に優しく導いてあげましょう。



主任看護師を務めるようになることも!




主任看護師に就任すると、また異なる役割を期待されるようになります。



主任看護師の役割や忙しさ等については、次の記事を参考にしてください。



主任看護師の役割とは?求められる適性や忙しさ、収入について!



中堅看護師の役割2;専門を見つける




役割2 専門を見つける


看護師としての業務を数年経験すると、自分の向き不向きや興味のある分野などがだんだんと見えてくることと思います。



私も臨床に出てからカウンセリングの大切さを実感し、精神看護学の勉強を深めるために大学院に入学した経緯があります。



看護学者や医学者として机上の勉強をするだけでは見えてこないことが、臨床では見えてきますよね。



自分の進む道や知識・スキルを深めてみたい分野が決まれば、その方向に向けて研修を受けたり、一旦、休職して専門看護師や認定看護師を目指す道に踏み出したりする看護師もいるでしょう。



できれば勉強は意欲があり可能性を秘めている若いうちにしておきたいので、ある程度経験もあり、年齢も若い中堅看護師の時代が、スキルアップや資格勉強には最適だと言えるのです。



スポンサーリンク




中堅看護師の役割3;先輩看護師の仕事を覚える




新人時代には毎日の仕事をこなすだけで精いっぱいで、業務の負担感から周りが全然見えていなかったと感じるナースも多いのではないでしょうか。



徐々に周りの状況を観察する余裕が出てくる中堅看護師は、先輩たちの仕事ぶりや組織の中での看護師の立ち位置などをよく観察し、必要なところは真似して吸収していくようにしましょう。



理想を持つだけでは良い看護師になることはできませんが、理想となる良い看護師を真似することで良い看護師に近づくことはできるのです。


(参考動画)




中堅看護師の働き方




中堅看護師といっても、新人看護師やベテラン看護師と働き方は基本的には同じです。



一生懸命に患者さんのために行動し、看護師を含む周囲のスタッフや患者さんと緊密にコミュニケーションをとっていけば最高だと私は思います。



ですが、中堅看護師時代は、結婚や出産、育児などの個人的なライフイベントと重なりやすい時期ですので、働き方にも工夫が必要になってくるのも事実です。



休職と転職




ライフイベントと重なっても、そのまま同じ職場に同じ勤務形態で働き続けることは可能ですが、場合によっては休職しなくてはならないことや外来業務などの夜勤のない職場に転職しなくてはならないこともあるでしょう。



そのような時は、どうしても周囲のスタッフに影響を与えてしまうことになります。



ですから、「出産も育児も私一人が頑張っているんだから、周りに迷惑をかけていないでしょ?」というビジネスライクな態度ではなく、「休日や夜勤などを代わってもらうなど、周りの皆さんの協力で仕事のマネジメントができている」という謙虚な態度をとるならば、ストレスの負担を軽減し働きやすい職場環境にしていくことが可能です。



次の記事も参考にしてください。



⇒チーム医療とは?定義と必要性、看護における意義について!



人間はだれしも一人で生きてはいません。



誰にも迷惑をかけていないようでも、いつも「ありがとう」という気持ちを持つことで、周囲だけでなく自分自身のメンタルヘルスも向上できるのです。



問題のある環境で働いている場合は?




感謝の念を持って看護業務を実施していても、職場によっては理不尽な対応を取られてしまうことがあります。



そのような場合は、転職することで自分にとって最適な環境を見つけることもできるでしょう。


ナースたちから評判の良い看護師専門求人サイトをいくつか紹介しますので、ぜひ活用して下さいね。



看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる







おすすめの関連記事




⇒中堅看護師の役割に対する「やりがい感」と「負担感」の同時認知と精神的健康や仕事意欲との関連