こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



新人看護師として入職後、3年以内に仕事を止めてしまう看護師を第二新卒看護師と呼ぶことがあります。



もちろん、第二新卒という道を選択したと言うことは、本人にとってはやむにやまれぬ理由があったと察することができます。



ですが、採用者の立場からすると、「飽きっぽい人なのかな?」「問題を起こしやすい性格なのかも!」「協調性がない?」などのネガティブな印象に繋がってしまう可能性が大なのです。



今回は、第二新卒のナースの求人を探す方法と面接時の注意点、入職後の注意点について説明してまいります!



尚、新人ナースとして入職後1年以内に転職を希望する場合の職場の探し方については、次の記事を参考にしてくださいね。



新人看護師が転職するのは難しい?どのような職場が狙い目か



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





第二新卒看護師なら第二新卒を募集する求人を狙おう!




「第二新卒だけど受け入れてくれるだろうか・・・」と、うじうじと悩んでいても始まりません。



離職したのは消せない事実なのですから、前向きに入職を探していかなくてはならないのです。



そのためには、「第二新卒歓迎!」と銘打たれた求人に応募するのが一番です。



応募者の多くが第二新卒だと考えられますから、「第二新卒だから不利かも・・・」と悩む必要がなくなります。



また、「第二新卒歓迎」を謳っている職場では、第二新卒を受け入れる態勢が整っていることが多いです。



すぐに業務に慣れることができるように短期間のプリセプター制度を実施していたり、第二新卒専用の研修が実施されたりすることもあるでしょう。



第二新卒歓迎の求人はどう探す?




ハローワークや一般の求人情報サイトでは、第二新卒を歓迎している求人を探すことは難しいです。



素人が時間をかけて探すよりも、看護師の転職を個人的にサポートしてくれるコーディネーターの力を借りる方が効率よく探せるでしょう。



看護師専門の求人サイトに登録すると、多くの場合、専任の転職コーディネーター(コンサルタントと呼ばれることもある)についてもらうことができます



正直に希望を話し、適した職場を探していきましょう。



スポンサーリンク




第二新卒看護師はココに気を付けよう!面接の際の注意点




第二新卒歓迎の職場でも、面接の際に、なぜ短期間で職場を辞めたのか尋ねられることがあります



その場合は、以前の職場の悪口にならないように注意して理由を言う必要があるでしょう。



例えば、上司や同僚の指導が厳しすぎて辞めた場合にも、そのままストレートに話すのではなく、「上司も同僚も私のために一生懸命アドバイスしてくださったのですが、つい学生気分が抜けずに素直に受け止めることができませんでした。今は教えて下さったことに感謝をしており、離職したのは短慮だったと思っています。これからは看護師としてのスキルを向上できるよう、指導を有難く受け入れてまいります」と言うことができます。



決して過去に起こった出来事を悪く言わないように、そして、未来志向で言葉を発するようにしてほしいと私は思います。



第二新卒で入職する際の注意点




第二新卒は新卒看護師とは異なり、ある程度実務に慣れていると言うことができます。



そのため、新人看護師に対するような初歩的なアドバイスをされると、「そんなことは知っていますから!」と強く反発してしまうかもしれません。



ですが、指導する立場や一緒に働く立場としては、あなたがどこまでを理解していてどこまでは未経験なのかをすべて把握することは不可能です。



指導する立場、一緒に働く立場に立って物事を見るようにし、どんなアドバイスも好意的に受け取るようにしてくださいね。



看護師転職サイトに関するおすすめ記事は以下でまとめておりますので、あわせてチェックしてみて下さい。

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!

看護師求人・転職サイトランキング!人気おすすめをナース評判で

看護師求人サイト『ナースワーカー』は人気?特徴と口コミまとめ



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる