泌尿器科の看護師の仕事内容とは?


こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



泌尿器科で勤務する看護師は、どのような業務を行っているのでしょうか。



また、泌尿器科で勤務するメリットとデメリット、忙しさや適性、求人の多さ、気になる給料関連の情報などについて、私の経験から説明してまいります。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





泌尿器科で勤務する看護師の仕事内容




泌尿器科で勤務する看護師の仕事内容


泌尿器科は入院や手術を行うことも多いですので、大規模病院はもちろん、個人病院やクリニックにおいても頻繁に入院・手術が行われています。



泌尿器科に勤める看護師の仕事内容について見ていきましょう。



泌尿器科看護師の仕事内容1;診察・治療のサポート




外来では、看護師は医師の診療のサポートを行います。



泌尿器科と言えば、排せつや生殖に関わる器官を扱う診療科ですので、診察に抵抗感を示す患者さんや恥ずかしさのあまり予想外の行動をとってしまう患者さんも少なくありません。



また、恥ずかしさやきまりの悪さなどの感情の裏返しとして、ナースにセクハラ発言を行う患者さんもいらっしゃいます。



毅然とした態度をとることは当然ですが、患者さんの羞恥心を理解して尊重する態度を取ることも看護師には求められています。



泌尿器科看護師の仕事内容2;入院準備




泌尿器科の治療は入院や手術を伴うことが多いです。



入院する時は、患者さんの体に麻痺やしびれがあることも少なくありませんので、どちらの側からベッドの昇降を行うのかしっかりと把握して、ベッドや医療器具を整えておかなくてはなりません



また、入院中の介助を行うときも、患者さんが腎瘻カテーテルを挿入しているか、膀胱瘻カテーテルを挿入しているか、痛みのある部位はどこかなどをしっかりと理解した上で行うことが求められます。



入院となるとナースが夜勤に入る機会も多くなります。



夜勤の仕事内容については、次の記事を参考にしてくださいね。

看護師は夜勤でどんな仕事内容を行うのか?忙しさや頻度について



泌尿器科看護師の仕事内容3;衛生管理




泌尿器科では、クラミジアや梅毒などの感染症や前立腺がんや膀胱がんなどの悪性腫瘍を扱いますので、衛生管理は特に念入りに行う必要があります。



カテーテルなど体内に挿入して使用する医療機器も多くありますので、消毒や保管も細心の注意を払わなくてはなりません。



同じく衛生管理を重視する診療科として『皮膚科』を挙げることができます。



感染症患者が多く訪れる診療科ですから、衛生管理には通常以上の注意が必要になります。



皮膚科の仕事内容等については、次の記事を参考にしてください。

皮膚科の看護師の仕事内容とは?忙しさやニーズまとめ!



泌尿器科に勤務するメリット・デメリット




泌尿器科は一般的な内科や外科と同様、ニーズの高い診療科ですので、泌尿器科の勤務経験があると転職する際にも選択肢が広がるというメリットがあります。



手術や入院が頻繁にあるだけでなく、看護師が主体となって治療を実施することも多いですので、看護師としてのスキルを磨く場ともなるでしょう。



ただし、衛生管理が厳しいこと、患者さんとのやり取りに精神的ダメージを受けることが、徐々に負担になってくるかもしれないというデメリットがあります。



スポンサーリンク




泌尿器科看護師の業務は忙しい?




泌尿器科看護師の業務は忙しい?


手術室での業務も行うか、急患を受けつけている医療機関かどうかによっても異なりますが、一般的には平均的な忙しさの診療科ということができます



クリニックではパートタイムの看護師の募集も多くありますので、プライベートな時間をしっかり取りたい方は、パートタイムや非常勤勤務などの求人を探してみましょう。



泌尿器科看護師の適性とは?




男性の患者さんが多く、また、デリケートな器官を扱う診療科ですので、女性看護師の場合はセクハラ発言やセクハラ行為に遭う可能性もあります。



患者さんの羞恥心や置かれた状況を深く理解し、適切な行動がとれることが看護師にも求められるでしょう。



また、泌尿器科だけでなく腎臓内科や透析科などの診療科を兼ねた医療機関も少なくありません。



かなり広範囲の分野を扱うだけでなく、新しい治療法や医療機器の開発が目覚ましい分野でもあり、勉強会や研修会などが実施される機会も多いですので、向学心の高い看護師が向いているということができます。



泌尿器科看護師の求人は多い?




泌尿器科系の悪性腫瘍は増加傾向にあります。



また、男性の不妊治療なども増えていますので、泌尿器科の需要は高まっていると言うことができます。



ですが、男性患者が極端に多いこととデリケートな器官を扱うことで、希望する看護師はあまり多くないのが現状です。



そのため、泌尿器科の看護師としての就業はそれほど困難ではなく、求人数も多いと言えるでしょう。



給料や時給が高いことが多く効率よく働ける!




また、ニーズが高いために看護師数を確保できない医療機関も多く、基本となる給料や時給が高めに設定されていることも多いです。



私の教え子の中でも子どもが幼稚園に通っているために午前中しか仕事ができない看護師がいますが、泌尿器科のクリニックでは比較的割の良い働き方ができるので自分には合っていると言っています。



私も何度か実習生を連れて泌尿器科病棟や外来を訪問しましたが、確かに男性患者が非常に多く、看護師も他科よりは男性が多いことが印象的でした。



とは言うものの女性患者もいらっしゃいますので、病院側としては患者さん全員に安心感を覚えてもらえるよう、積極的に女性看護師を募集しています。



泌尿器科への転職を考えている方は、次の記事を参考にして看護師専門転職サイトの情報を入手してみるのはいかがでしょうか。



いずれも現役看護師からの支持が高い転職サイトですので、満足できる転職に一歩近づくことができることでしょう。

看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!



スポンサーリンク