こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



看護師として働く勤務先は、医療機関や保健・介護関連施設だけではありません。



『訪問看護ステーション』に登録し、『訪問看護師』として患者さんの自宅でケアを行う看護師として勤務している方も多くいます。



今日は、『訪問看護師』の働き方のポイントや給料相場をチェックしてみました。



訪問看護師といっても勤務形態や職場によって条件は様々です。



そこで、訪問看護ステーションの管理者として勤務する場合やパート職員として勤務する場合、東京や大阪等の都市部で働く場合や静岡や福岡などの政令指定都市で働く場合、奈良や滋賀などの地方で働く場合に分けて説明してまいります。



訪問看護師経験者による生の声も集めてみたので興味ある方はぜひ最後まで読んでくださいね。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





訪問看護師の年収相場




歩合制を採用している訪問看護ステーションもありますが、夜勤なしの日勤常勤看護師として勤務する場合、年収380万円~440万円が相場となっています。



夜勤ありの場合はどの程度夜勤を入るかにもよりますが、月に2~3回ほど夜勤を行う場合、年収400万円~480万円が相場となっています。



パートの場合は、日勤の時給は1500円~3000円と開きがありますが、時給1500円~2000円の訪問看護ステーションがもっとも多く、平均すると時給1850円ほどになります。



訪問看護ステーションの管理者になると




訪問看護ステーションは、看護師か保健師の資格を持つ『管理者』を1人配置することが決められています。



訪問看護ステーションの開設者自身が『管理者』になることもありますが、看護師転職サイトなどで『管理者』を求人することもあります。



年収1000万円を超える高待遇で募集していることもありますが、管理者手当として1万円~5万円ほどを毎月支給される求人が一般的ですので、平均的な管理者給与は年収450万円~600万円ほどになります。



病棟看護師との給与比較




病棟看護師と比較すると、訪問看護では夜勤が少ない分、給与が若干低くなります。



オンコールや夜勤を積極的に入れるなら、夜勤ありの病棟看護師と同程度の給与を得ることが可能です。



病棟看護師と比べるとパートで働く看護師も多いですので、訪問看護の方が自分のペースで働きやすいと言えると私は思います。



スポンサーリンク




地域による訪問看護師の給与の違い




医療機関の看護師給与も地域差がありますが、訪問看護においても看護師給与の地域差は大きいと言えます。



大都市と政令指定都市、地方の訪問看護師の給与について見ていきましょう。



東京23区や大阪市などの大都市




都市部では、訪問看護師の給与は全国平均よりも上回っていますが、特に東京23区や横浜市などの関東の都市部において給与が高くなっています。



東京23区と横浜市は、いずれも夜勤なしの常勤訪問看護師の平均年収が450万円~520万円で、夜勤ありの常勤訪問看護師の全国平均よりも高くなっています。



一方、大阪市では夜勤なしの常勤訪問看護師の平均年収が410万円~460万円程度と、全国平均とあまり大きな差はありません。



都市部特有の物価の高さや家賃の高さ等を重ね合わせると、若干低水準の給与と言えると私は思います。



札幌や静岡、福岡などの政令指定都市




札幌市や静岡市、福岡市などの人口100万人を超える都市部も、全国平均よりは訪問看護師の年収は高くなっています。



ただし、大都市における平均年収と同じく東高西低の傾向が見られ、静岡市や札幌市と比べると、京都市や福岡市などの西部にある政令指定都市は給与が若干低めになっています。



例えば、静岡市では夜勤なしの常勤訪問看護師の平均年収は420万円~470万円程度ですが、福岡市や京都市では410万円~450万円の範囲に収まることが多いようです。



奈良市や大津市などの地方都市




訪問看護ステーションは全国的にも都市部に多く見られますので、地方都市における平均給与は全国平均よりも低水準になっていることが多いです。



そのため、奈良市や大津市などのように県庁所在地であっても人口数十万人規模の地方都市では、夜勤なしの常勤看護師の平均年収は360万円~420万円程度になっています。



地方都市では訪問看護ステーションが管轄する地域が広く、大都市に比べると件数を数多くこなせないことも、給与の低さにつながっているのではと私は思います。



最後に、訪問看護師の仕事内容と給料のバランスについて、経験者による生の声をチェックしていきましょう。



実態を把握でき、就職または転職するかどうかの判断材料が得られるでしょう。



まずはポジティブな声。






こちらの方は、仕事、プライベートともに自由度の高い生活ができ、かつ、夜勤が伴う病棟看護師と同じレベルでお金がもらえる点に魅力を感じていますね。






こちらの方は、『マイペースに仕事ができる』というメリットを感じていますね。高い給料よりも、自由度高く仕事がしたい場合は、訪問看護師の仕事は向いているといえるでしょう。






この発言からも、上記のことが裏付けられますね。



一方、このような現実的な意見も。。。






仕事内容と給料面のバランスで、自分にあっているのかどうか、見極めていく必要がありそうです。



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる







おすすめの関連記事




⇒大学病院看護師給料ランキング!国立と私立大学病院の違いとは?

外来看護師の給料相場は?夜勤手当以外で年収をアップする方法