耳鼻科の看護師の仕事内容や求人について



こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



風邪をひいたときやアレルギー性鼻炎、花粉症など、身近な病気でお世話になることが多い耳鼻咽喉科。



いわゆる耳鼻科において、ナースはどのような業務を行っているのでしょうか。



耳鼻科看護師の仕事内容と、私の経験から見た耳鼻科看護師の忙しさや適性、求人の多さ、給料情報について説明いたします。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





耳鼻科で勤務する看護師の仕事内容




耳鼻科で勤務する看護師の仕事内容を詳しく知りたい


大学病院や総合病院の耳鼻咽喉科や地域密着型の耳鼻科クリニックで勤務する看護師は、どのような仕事を行っているのでしょうか。



耳鼻科看護師の仕事内容1;検査や処置、診察のサポート




耳鼻科はチンパノメトリー検査や聴力検査など、実施する検査が多い診療科です。



これらの検査は専門の技師が担当することは少なく、ほとんどが看護師主導で実施されます。


また、気管支炎の患者等に頻繁に用いられるネブライザー吸入なども、定期的に通院する患者さんは自主的に行いますが、慣れていない患者さんや子どもが行うときは、看護師による補助と指導が提供されます。



耳鼻科診療に訪れる患者さんは子どもも多いので、不安にさせないように処置を行ったり、診察や検査がスムーズに進むように体位を整えたりすることも、看護師の重要な役割です



子どもと接することが好きなナースは、小児科や保育園での仕事にも興味があるのではないでしょうか。


それぞれの施設における仕事内容や忙しさについては、次の記事を参考にしてくださいね。

小児科に勤務する看護師の仕事内容とは?忙しさや適性について!

保育園看護師の仕事内容とは?忙しさや適性の実際について!



耳鼻科看護師の仕事内容2;手術の補助




耳鼻科では、日帰りで実施できる簡単なものから入院を伴うものまで、頻繁に手術が行われる診療科です。



看護師は、手術がスムーズに行われるように手際よく器具を医師に渡したり、必要な薬剤をそろえて置いたりするなどの準備や補助を担当します。



耳鼻科看護師の仕事内容3;薬剤管理と服薬指導




薬剤管理と服薬指導は本来薬剤師の業務ですが、外来や入院病棟、薬剤師不在のクリニックなどでは、看護師がその任に当たることも少なくありません。



先程も述べましたように耳鼻科は子どもの患者が多いですので、しっかりと繰り返して家での薬の飲み方や処置の方法を指導し、保護者にも注意を喚起します。



耳鼻科看護師の仕事内容4;衛生管理




耳鼻科は感染性の高いインフルエンザや流行性の風邪などの疾患を持った人が多く訪れるという特徴があります。



他の疾患で訪れた人が院内で感染してしまうことがないよう、保菌者の隔離や使用器具の滅菌作業などを徹底して行うことも看護師の仕事です。



看護師や医師などの医療関係者は、患者さんに病気をうつしてしまわないように、また患者さんから感染してしまわないように、インフルエンザなどの感染性疾患が流行する前に予防接種を受けますが、耳鼻科では患者さんによって感染してしまう確率が高くなりますので、予防接種に対する意識も他科より高くなります。



同じく衛生管理業務に力を注いでいる診療科として『皮膚科』を挙げることができます。



皮膚科の仕事内容などについては、次の記事をご一読ください。

皮膚科の看護師の仕事内容とは?忙しさやニーズまとめ!



スポンサーリンク




耳鼻科で勤務する看護師は忙しい?




耳鼻科で勤務する看護師は忙しい?


耳鼻科では、看護師が担当する処置や検査が非常に多くありますので、外来に勤務する場合も病棟に勤務する場合も比較的忙しくなるということができます。



それに加えて、インフルエンザや花粉症が流行する冬から春にかけては、耳鼻科を訪れる患者さんが増えますので、よりいっそう業務が忙しくなります



私も看護学生を連れて冬に耳鼻科外来で実習を行ったことがあるのですが、患者さんの数の多さとあまりの忙しさにめまぐるしさを感じました。



耳鼻科の給料は高い?




耳鼻科では頻繁に手術は実施されますが、外科や一般的な内科の手術と比べると短時間で終わるものが多く、看護師にも手術手当や残業手当が支給されるということは滅多にありません。



クリニックに勤務するなら夜勤もありませんので、他の診療科と比べて給料が高いということにはなりにくいでしょう。



手当等を見込めない分、一度入職すると給料が大幅に増えるということも少ないです。



求人件数はそこそこありますので耳鼻科への転職自体が難しいということはありませんので、年収アップを目指す人は、基本給が高いクリニックや病院に転職することが勧められます。



耳鼻科で勤務する看護師の適性とは?




子どもが比較的多い診療科ですので、怖がったり抵抗したりして円滑に処置や検査が実施できないこともあります。



診察を待つ患者さんが増えてくると、ついイライラしてしまいますが、どんな時にも子どもに不安感を与えないよう、落ち着いた我慢強い物腰で望まなくてはなりません



また、耳鼻科では、扱う医療機器が多く、看護師に任される治療法も多くありますので、医療機器や最新の治療法にも通じていることが求められます。



特に放射線療法を取り入れている診療所や、最新の治療法を積極的に取り入れている総合病院では、勉強会や研修会が実施される回数も多くなりますので、ナースも向学心を持って業務に当たらなくてはなりません。



私の教え子の中でも大学の耳鼻科で勤務している看護師は、大学にいた時よりも就職してからの方が学ぶことが増えたと語っています。



知的好奇心旺盛な方にも適した耳鼻咽喉科の仕事。



実際に探してみるときには、看護師専門転職サイトが役に立ちます。



どのような転職サイトを選べば良いかについては、次の記事が参考になるでしょう。

看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる