こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



看護師が求められているのは、病院やクリニックなどの医療施設や特別養護老人ホームなどの介護施設だけではありません。



医療施設や介護施設と比べると求人数は少ないものの、保育園や企業、特定の施設などでも看護師募集が実施されています。



今回は、児童養護施設における看護師求人について探っていきます。



求人の探し方児童養護施設で働くメリット・デメリットなどについて見ていきましょう。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





児童養護施設における看護師求人の探し方




厚生労働省の資料によりますと児童養護施設は2013年時点で全国に595か所あり、同じく厚生労働省が発表している病院やクリニックなどの医療施設数17万8000強(参考:医療施設動態調査)と比べると圧倒的に少なく、看護師求人を見つけることは困難であることが予想されます。



また、ほとんどの医療機関では看護師は複数名必要ですが、児童養護施設は看護師を採用していないところも少なくなく、募集している場合でも定員はわずか1名。



なかなかの狭き門であることが予想されるのです。



民間の看護師求人サイトで探す




必要とされる看護師数が非常に少ない児童養護施設。



求人数も当然ながら非常に少ないです。



民間の看護師転職サイトに登録するなら、「看護師が突然辞めてしまった!すぐに代わりの看護師を探さなくてはならない」といった急ぎの案件を見つけやすくなりますので、児童養護施設における看護師求人をいち早く知ることにもつながります。



特定のサイトでのみ求人情報を公表することもありますので、できれば2つ~3つのサイトに登録しておく方が良いと私は思います。



おすすめの看護師転職サイトに関しては以下でまとめておりますので、あわせてチェックしてみて下さい。



看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!

看護師求人・転職サイトランキング!人気おすすめをナース評判で



看護協会のeナースセンターで探す




また、児童養護施設は職員募集などにお金をかけられないことも多くありますから、求人案件の掲載費が無料の看護協会やハローワークでだけで募集されることも少なくありません。



ハローワークに掲載されている看護師募集案件はすべて看護協会の「eナースセンター」でも閲覧することができますので、こまめに「eナースセンター」をチェックすることで児童養護施設における求人をいち早く知ることができます。



児童養護施設で働きたいと考える場合は、民間の看護師転職サイトに登録して広く情報を収集するだけでなく看護協会の仕事探しツール「eナースセンター」も利用して、効率よく仕事を探していきましょう。



その他のeナースセンターの特徴に関しては、次の記事も参考にしてくださいね。



看護師が看護協会で転職先を探すメリットとデメリットは?



また、ナースセンターの情報はすべてハローワークでも共有されています。



ハローワークについては次の記事の中でも詳細情報を提供していますので、ぜひ参考にしてください。



新人看護師はハローワークで求人を探してはダメ?その理由は?



スポンサーリンク




看護師が児童養護施設で働くメリット・デメリット




児童養護施設で看護師として働くことには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。



子どもに深く寄り添うことができるというメリット




児童養護施設では、看護師として働く場合も、子どもたちの世話をしたり話し相手をしたりして過ごすことが多いです。



また、病院と比べると在所期間が長くなることも多いため、小児科における勤務以上に子どもたち一人一人とじっくりと向き合うことが可能になります。



子供たちに寄り添いたいと希望するナースにとっては適した職場だと私は思います!



それに加え、夜勤や残業はほとんどありません



定時に出退勤したい人には良いかもしれませんね。



休日にこだわって仕事を探したい人は、次の記事もぜひ参考にしてください。



土日休みの看護師求人が多い7職種は?おすすめ求人サイトは?



給料面や看護師としての充実度にはデメリットも




先程も述べましたが、児童養護施設は財政面が厳しいところも多く、人件費に多額をかけられない施設も少なくありません。



そのため、一般的な医療機関と比べると月給が低いことが多いです。



また、通勤に不便な立地にあることが多いですので、乗り入れ路線が多いJR駅などの近くで仕事を探しているナースにとっては、不適切な仕事となる可能性が高いでしょう。



その他のデメリットとしては、入所しているのは基本的に健康な児童ですので、精神的なサポートが必要になるとは言え、身体的な看護的サポートは病院ほどには求められていないことを挙げられます



看護師というよりは一般の施設職員としての仕事が多くなりますので、看護師としての充実感は減ると私は思います。



精神科における勤務に興味がある人は、次の記事もチェックしてみて下さい。



精神科の看護師求人はココを見る!後悔しないための選び方!



スポンサーリンク