化学療法を行う際の看護師の役割と注意点や関連資格
 

こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。

がん治療において、化学療法は一般的な治療法として使用されるようになってきました。

化学療法を行う職場における看護師の役割と意義、注意すべき点や取得を目指せる資格について私の経験も絡めて説明いたします!

スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです


化学療法が行われる診療科・施設

 

化学療法が行われる診療科・施設
 

一般的に抗がん剤を用いてがん治療を行うことを科学療法と言いますが、悪性リンパ腫や関節リウマチなどの疾患にも使用されることがあります。

病院によっては『化学療法科』『外来化学療法科』『腫瘍内科』などの化学療法を行う特別な診療科を設けていることもありますが、がんの部位によって分けられた『消化器科』や『泌尿器科』などの診療科で治療が行われることもあります。

また、がん治療を専門に行う『がんセンター』も全国にあります。

国立がん研究センターでは、地域のがんセンターを紹介するサービスも提供しています。

化学療法における看護師の役割

 

化学療法における看護師の役割とは?
 

抗がん剤などの投与は医師が担当することが多いですが、副作用を軽減するための薬剤投与は看護師が受け持つことも少なくありません。

治療中の患者さんの状態から、副作用がどの程度発現しているのか、痛みや違和感をどの程度感じているのかなどを察するだけでなく、経過観察を行い、治療の効果は出ているのかもしっかりと観察します。

化学療法を実施すると、治療を受けているときだけでなく、日常生活においても倦怠感や下痢、悪心、脱毛などの副作用が現れることがあります。

患者さんに考えられる副作用を詳しく説明するだけでなく、患者さんから不安や苦痛などを聞き出して、少しでも辛さが軽減できるようにメンタルケアを行うのも看護師の役割です。

看護師ならではの、精神的・身体的両面からのきめの細かいケアを行って行きましょう。

尚、がん領域に関わる専門的な資格を取得したいと考えているナースもいるのではないでしょうか。

看護師が目指せるがん領域の資格については、次の記事を参考にしてくださいね。

がん専門看護師の役割とは?ニーズや給与、関連資格について!

痛みに対するケア

化学療法は痛みがつきものです。

近年、ホスピスケアやターミナルケアを専門に行う医療機関も増え、ナースたちは疼痛緩和の視点から患者を支援していくことができます。

疼痛緩和について興味があるナースは、次の記事も参考にしてくださいね。

疼痛緩和の看護とは?実践方法とケアポイントまとめ!

緩和ケア認定看護師の仕事内容とニーズ、資格取得方法について!

化学療法を行う際に看護師が注意すべきこと

化学療法と副作用は切っても切れない関係にあり、化学療法を実施するとほぼ100%何らかの副作用があることが分かっています。

ですから、患者さんに痛みや異変が生じてから行動するのではなく、常に痛みや異変を予想した行動を行うことが看護師には求められているのです。

例えば、悪心や嘔吐は投与後1時間から5日間ほど見られ、皮疹・血小板の減少・白血球の減少は投与後1~2週間後に見られ、貧血は投与後3~5日後に見られることが多いです。

また、末梢神経障害や下痢のように、投与中や投与直後から見られる副作用もあります。

これらの副作用にどのように対処するのか化学療法を行う前にしっかりと把握しておき、患者さんの身体的苦痛を少しでも緩和できるように備えておきましょう。

実際の看護手順については、次の記事を参考にしてください。

ケモ(化学療法)における看護師の役割!心構えと看護手順!

スポンサーリンク

化学療法を行う看護師が目指せる資格

化学療法に従事する看護師は、スキルアップのためにどのような資格を目指すことができるでしょうか。

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法に特化した日本看護協会の認定資格です。

がん化学療法を行う医療機関で3年以上勤務し、他の診療科も含めて5年以上勤務した経験がある看護師が、日本看護協会の『認定看護師教育機関』で専門の研修や講習を6ヶ月・615時間以上受けると、受験資格を得ることができます。

がん看護専門看護師

化学療法も含むがん看護のスペシャリストを目指す日本看護協会の認定資格です。

大学院修士課程以上でがん看護に関する規定の単位を取得し、がん治療を行う医療機関で3年以上勤務し、他の診療科も含めて5年以上勤務した経験がある看護師が、がん看護についての研究実績を報告して筆記試験に合格すると資格認定されます。

看護大学卒業後、そのまま看護師として入職してから専門看護師を志す方が多く、私が通っていた大学院でも、大学からそのまま大学院に進学した学生は少数派で、ほとんどの大学院生は医療現場での臨床経験を数年持っていました。

がん看護の必要性を臨床で実感している方が多いですので、学び方も熱心で、私も見習わなくてはいけないなと感じさせられる場面が多かったです。

目指す看護が実践できる職場へ転職しよう

がん看護を極めたいと考えているナースは、専門の医療機関等に転職するのも良いかもしれません。

看護師たちから評判の良い転職サイトと転職祝い金がもらえるサイトを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!

スポンサーリンク