こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



『看護』の道を選んだ皆さんは、看護の意味、介護や治療との根本的な違い、そして看護師の存在意義については深く理解していることと思います。



ですが、在宅医療や介護施設などが増えてくるにつれて、看護と介護、治療との違いが曖昧になってきました



今日は、介護の意味をおさらいし、これからの看護の在り方と役割について探っていきましょう!



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





看護の意味、介護・治療との違い




看護学の祖とも呼ばれるフローレンス・ナイチンゲールによりますと、看護とは「すべての患者に対して生命力の消耗を最小限度にするよう働きかけること」を意味しています。



つまり、清潔で穏やかかつ快適な温度の環境を提供し、充分な食事や太陽の光など、生きていく上で必要なものを患者さんに備えることが、用語としてのあるいは辞典的な意味としての看護の基本ということなのです。



また、国際看護師協会では、看護は「地域社会において健康の増進や疾病の予防を行うこと、精神的・身体的に健康でない人や障害のある人に対するケア」と定義されています。



いずれの定義からも、看護とは「健康回復・健康維持・健康増進への手助け」を指していることが分かります。



看護と介護の違い




看護は健康回復・健康維持・健康増進のための手助けですが、『介護』は病気や障害のために自力では日常生活を円滑に送ることができない人へのサポートを意味していますので、介護行為を受けることで健康状態が向上することはありません。



また、看護を受けることで病気やけがの状態が回復することが望めますが、介護はあくまでも日常生活の補助のために行われますので、病気やけがの回復は望めません。



看護と治療の違い




治療は、患者の病気やけがの回復を積極的に促す行為です。



もちろん、看護によっても病気やけがの回復は早まりますが、あくまでも回復のための環境を備えることが看護の目的ですので、『積極的』というよりは『補助的』な位置づけになります。



スポンサーリンク




看護師の存在意義




治療効果を促進させ、健康回復・健康維持・健康増進を目指す環境を提供する『看護師』。



どんなに優れた医薬品でも、適切な量とタイミング、そして落ち着いた精神状態に患者があるときに投与しなくては本来の効果が発揮できないのと同じく、『看護』がなければ『治療』や『介護』は意味を持たないと私は思います。



残念なことに、看護師というと医師の仕事を手伝う人というイメージを持つ方もいますが、それは看護という言葉の本質を理解していないからではないでしょうか。



看護と言う言葉は辞書的には『看る(みる)護る(まもる)』、つまり、見守るという意味があります。



治療者として積極的に行為を行う医者とは異なり、見守ることでケアを実践するのが私たち看護師なのです。



私たち看護師は医師の仕事を手伝っているのではなく、医師とともに患者さんの健康回復のための仕事を行っているとも言えるのです。




誰のための仕事かということを常に忘れずにいるならば、『看護師の立ち位置』や『看護師の存在意義』が揺らぐことはないと私は考えます。



これからの看護!これからの看護師!




とは言うものの、在宅看護や病棟勤務の現場などでは、看護師が主導して治療行為を行うことも少なくありません。



看護師が治療行為を行う『特定行為』については、次のページを参考にしてください。




看護師の特定行為スキルを向上させる研修制度が必要な人とは?

特定看護師とは?制度的・法的な位置づけと仕事の範囲について!


また、介護老人保健施設やデイサービスなどで勤務するナースは、健康管理や急変時の対応以外は、介護職員と同じく食事や入浴の介助、レクリエーションの参加などに従事します。



尚、介護施設における看護師の役割等については、次の記事が参考になるでしょう。



老健看護師の役割とは?年収の実態と給与アップの方法について!

特養で働く看護師の役割とは?求められる資格や給与について!



「私は看護師だから、看護以外の仕事は行わない!」と決めてしまうのではなく、看護師としての知識とスキルを活かし、医師や介護職員、薬剤師、作業療法士、栄養士、医療事務のスタッフなどの全ての職員と協力して、患者さんが健康になるために職務を果たして行きましょう。



高齢化社会が進み、医療や介護の形態が多様化することで、今後、より一層、治療・看護・介護の仕事がボーダレス化すると予測されます。



看護師として各自がスキルアップすることで、関連する介護や治療行為もスキルアップしていきましょう。



スキルupできる職場を探す



残念ながら、どの職場でもスキルアップができるというわけではありません。



保有する資格すら活かせないことも往々にしてあります。



現在の職場がスキルアップに適さない職場だと判断する場合は、転職を検討してみるのも良いのではないでしょうか。



ナースたちに好評な看護師転職サイトをいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。



看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる