こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



出産や育児、家庭の事情などが一段落つき、そろそろ復職を考えるとき。



様々な不安がつきまとうのは、当然のことですよね。



どんな仕事でも長期間のブランクがあると不安になりますが、看護師の場合は患者さんの生命に関わる仕事ですので、不安もより大きなものになると私は思います。



ツイッターなどでも、復職に対する不安を訴える看護師は少なくありません。






では、実際に、復職に対する不安を乗り越えるためには、何を行うことができるのでしょうか。



具体的な5つの方法をご紹介いたします。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





看護師が復職する際の不安を軽減する方法




不安を軽減する前に、まず、自分はどのようなことに不安を感じているのか自問する必要があると私は思います。



注射などのスキル面のことでしょうか。



それとも、最新医療や看護界に必要な知識が不足しているために不安を感じているのでしょうか。



また、長い間、外で仕事を行って来なかったため、体力や気力面で不安を感じているのでしょうか。



自分が不安を感じている事柄を明らかにした上で、それらを克服するための対策をとっていきましょう



看護師の復職への不安を軽減する方法1;復職研修を受講する




大規模医療機関や各都道府県の看護協会、地域の看護団体などで、定期的に『復職研修』を実施しています。



それらの研修を受講し、スキル面や知識面の不安を解消しておくことができるでしょう。



また、看護師転職サイトや情報誌が主催して、大規模医療機関や医療系団体と協力して『復職研修』を実施することもあります



転職サイトや就職情報誌が主催しますので、具体的な復職先が決まっていない場合でも参加することができるだけでなく、参加することで復職先に対する情報を入手することも可能です。



看護師の復職への不安を軽減する方法2;教科書で復習する




看護師としての勤務に数年~十数年のブランクがあるということは、看護学校時代から数えるとすでに数十年が経過していると言うことですよね。



医療・看護の領域は日進月歩の世界ですので、使用する医薬品や症状に対する治療法は現役ナース時代と大きく変わっていることもありますが、基本的な看護知識は大きく変化することはありません



復職する前に、看護学校生時代の教科書を読みなおし、知識を復習しておくようにしましょう。



看護師の復職への不安を軽減する方法3;パートから始める




体力的に、あるいは気力的に仕事をきちんと行えるか不安のある方は、いきなり常勤の正規職員として復職するのではなく、パートタイムの勤務から始めるのはいかがでしょうか。



1日に数時間、週に2~3回の勤務からスタートして、徐々に時間や回数を増やしていくようにしましょう。



仕事を行う限りは、パートであれ正規職員であれ、自分の責任を果たすことが求められます。



周りに迷惑をかけないためにも、徐々に自分のペースで看護職復帰を果たしていきましょう。







看護師の復職への不安を軽減する方法4;単発のアルバイト




週に何度かのパートでも、「ちゃんとこなせるのか不安!」と感じる方は、復職準備期間中に単発のアルバイトなどを行い、看護職の感覚を取り戻していくのはいかがでしょうか



イベントやツアーなどで1日~数日だけの看護アルバイトを募集しています。



看護師転職サイトなどでもアルバイトを紹介していますので、本格的な職場復帰の前に応募してみるようにしましょう。



看護師の復職への不安を軽減する方法5;コンサルタントに相談する




看護師転職サイトに登録すると、専任のコンサルタントが配属されることが多いです。



コンサルタントは転職や復職が決まるまで、徹底的に看護師をサポートするのが仕事ですので、悩みの相談等にも親身に乗ってくれます



復職に対する不安や家事との両立に関する悩みなどを打ち明け、少しでも心を軽くしてから復職活動に力を入れていきましょう。



私が見たところ、看護師転職サイトのコンサルタントには元・看護師が結構多くいます



自分の経験も踏まえてアドバイスしてくれますので、復職の先輩として頼ることができますよ。



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる