こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



看護師として復職を希望する場合、まずは面接試験に合格する必要がありますよね。



久しぶりの面接試験ということで、異常なほど緊張してしまう方も多いと私は思います。



そんなときに想定される質問と理想的な答えを前もって勉強しておくなら、少しは余裕を持って面接に向かうことができるのではないでしょうか?



今日は、職場復帰志望の看護師が面接試験で聞かれがちな3つの質問と、それに対する理想的な答えをご紹介いたします!



ぜひ参考にして、自分の言葉で表現できるように練習しておいてくださいね!



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





看護師の復職!面接で尋ねられる質問1;やる気




面接官に「働く気持ちがあるのですか?」などと尋ねられたら、「働く気持ちがあるから、面接を受けているんでしょ?」と反発してしまうかもしれませんね。



それでも、面接官にとって、一番気になるのが、本当にやる気があって応募しているかということですので、特に、長いブランクの後で復職しようとしているナースには、厳しいくらいに、「本当に一生懸命働くのか?」ということを尋ねてきます。



もちろん、直接「やる気があるのか?」と尋ねられることは少ないかもしれません。



「ブランクがあるようですが、どんなことが動機となってご応募なさったのですか?」「長い間、現場から離れていらっしゃいますが、体力的に不安を感じてはいませんか?」などと、こちらを気遣うようなスタンスでやる気を確かめることもあります。



やる気を尋ねる質問に対する理想的な答え




「頑張ります」「努力します」といった抽象的な答えでは、面接官の心をつかむことはできません



「仕事から離れている間は、週に4回ジムに通って運動を続けてきましたので、現役のとき以上の体力はあると自信を持って言えます!」などのように、具体的に体力的・根気的問題がないことを示すエピソードを加えることができるでしょう。



また、「ここ1か月は、週に一度は夜勤シフトで生活していました。」など、復職に向けて具体的にどのような努力をしているかを話すことも良いと私は思います。



看護師の復職!面接で尋ねられる質問2;家族の反応




一人暮らしでない限りは、家族の協力なしには復職することはできません。



復職に当たって家族がどのような反応を示しているかを尋ねる質問も、ブランクがある看護師によく聞かれる質問です。



特に配偶者の反応について聞かれることが多いでしょう。



家族の反応に対する質問への理想的な答え




この質問にも、「頑張れと応援してくれています。」といったやや抽象的な答えでは、インパクトに欠けてしまいます。



「慣れさせるために、先月から子どもを保育園に預けているのですが、私が復職したときのためにと、夫が保育園の送り迎えを担当しています。」などのエピソードがあると理想的ですね。



看護師の仕事は、突然、残業になることや、シフトが直前に代わることなども頻繁にありますので、家族の協力が得られると言うことは、病院側にとっても非常に助かることなのです。



できれば、家族の協力が得られるナースを雇いたいというのが医療機関側の本音でもありますから、配偶者や他の家族の協力度についての質問にも答えを準備しておきましょう。



スポンサーリンク




看護師の復職!面接で尋ねられる質問3;子ども




子どもがいる場合は、必ずと言っていいほど尋ねられるのが、「仕事をしても、お子さんに差し支えがありませんか?」という質問です。



子どもが中学生以上の場合は、特に問題はありませんが、小学生以下の子どもがいる場合は、どのように子どもの世話をするのかについて尋ねられるでしょう。



子どもの世話に対する質問の理想的な答え




配偶者や親、兄弟等、周囲でどのように子どもの世話を分担しているかを説明する必要があります。



「子どもは丈夫なので、病気することはまずありません。」などのように、根拠のない話をするのは、あまり良い印象を与えないと私は思います。



もしものときを想定して、どのような体制で看護師としての仕事と子どもの世話を両立していくと考えているのか、具体的なプランを示す必要があるでしょう。



退職理由について尋ねられることもある




復職したいと言う意思を確認したうえで、なぜ、前職を退職したのかについて尋ねられることがあります。



「子どもが生まれたので」と答えても、「産休や育休を利用してすぐに復帰するという選択肢もあったはずなのに、なぜ一旦離職したのですか?」とより詳しい事情に踏み込んで尋ねられることもあるでしょう。



そのようなケースも想定し、自分の言葉で採用者が納得できる答えを準備しておきたいものです。



例えば、「初めての出産でしたので、いつ、自分の身体が本調子になるのか予測することができず、曖昧な復帰時期を約束して職場に迷惑をかけてはいけないと思い、出産前に正式に退職しました」などと律儀な性格をアピールしながら説明することもできますね。



子どもが0歳のナースは、次の記事を参考にしてください。



0歳児を持つ看護師が復職する際に打つべき対策5つまとめ!



具体的な復職活動は求人サイトのサポートを受けて実施しよう




豊富な案件を取り扱っている看護師専門の人材紹介求人サイトを利用すれば、育事に家事にと忙しい中でも効率よく求職活動が行えます。



履歴書の作成ポイントや転職希望先の院内情報などをコンサルタントに尋ねることもできますので、何から手を付けて良いか分からないナースにもオススメです。



特におすすめのサイトをいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。



看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!


スポンサーリンク