復職 0歳児を持つ看護師が復職する際に打つべき対策5つ!
 

こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。

なるべく看護師としての勘が鈍らないうちにブランクを作らないで復職したいと考えている方、看護の仕事を心から愛している方、また、経済的理由で一日も早く職場復帰しなくてはならない方。

それぞれ立場は違っても、赤ちゃんを出産したばかりの女性が、0歳児の育児を行いながら復職するには、いくつもの問題が立ちはだかります。

ですが、どんな問題も、事前によく考えて解決策を出しておくなら、思ったほどには困難な状況に陥らないものだと私は思います。

「復職しよう!」と思い立ったときに考えなくてはいけない5つのポイントについて見ていきましょう!

スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです


0歳児を持つ看護師が復職する際に打つべき対策1;保育園と契約する

 

対策1:保育園と契約する
 

復職を思い立ったらすぐに考えなくてはならないのが、赤ちゃんの保育の問題です。

地域によっては待機児童が多く、お腹に赤ちゃんがいる間から予約をしておかないと入園できないこともありますので、復職を思い立ってからでは遅いこともあります。

赤ちゃんの発熱など、何かあったときに家族が動きやすいように、自宅のそばか予定している勤務先のそば、配偶者の勤務先の近く、実家の近くなど、最善の場所を選ぶようにしましょう。

病院によっては院内保育園が完備されていることもありますが、0歳児は受け入れていないことやすでに満員で新規の入園を受けつけていないこともありますので、院内保育園がある復職先を探すときは充分に注意をしましょう。

0歳児を持つ看護師が復職する際に打つべき対策2;何かあったときの連絡手段・連絡系統を作る

 

対策2:何かあったときの連絡手段・連絡系統を作る
 

赤ちゃんに何かがあったとき、また、他のきょうだいに何かがあったときには、どのような経路で連絡が伝わるのかも、しっかりと把握しておく必要があります。

勤務中で電話に出られないときは、誰にどんな手段で連絡が伝わるのか等、もしものことを考えて、家族内で話し合っておきましょう。

また、保育園に登録する電話番号(自分の携帯電話、配偶者の携帯電話、近くに住む祖父母の携帯・固定電話等)なども見直しておきましょう。

0歳児を持つ看護師が復職する際に打つべき対策3;緊急時の対応を身内・関係者で決めておく

0歳児の赤ちゃんは、発熱や嘔吐を頻繁に起こしますので、緊急事態も想定しておかねばなりません

誰が保育園に迎えに行くのか、保育園からどの病院に連れて行くのか、自宅療養となったときはどのように対応するのか、地域の子育て支援は活用できるのか等、家族内でしっかり話し合っておきましょう。

また、緊急時に職場の理解が得られることも大切なことです。

シフトの交代はできるのか、緊急時には、まず誰に知らせるべきか等、復職が決まったら、まず直属の上司に緊急時の対応について相談してみましょう

職場に小さな子どもを持つ看護師が多いと緊急時にも理解を得やすいですが、その分、他のナースの子どもが緊急事態にあるときは融通を利かせなくてはなりません。

反対に、小さな子どもを持つ看護師がいない職場では、シフトの交代に応じてもらいやすいですが、不公平感を覚えるナースも増えてくるでしょう。

どちらが良いのかは、職場の雰囲気や復職するナースのスタンスによって変わると私は思います。

スポンサーリンク

0歳児を持つ看護師が復職する際に打つべき対策4;最適な勤務形態を検討する

復職すると言っても、フルタイムだけが選択肢ではありません。

赤ちゃんがある程度大きくなるまではパートタイムで働こうと考えている方もいるでしょうし、単発のアルバイトを時々経験しておきたいと考えている方もいるでしょう。

適当な保育園が見つかるまでは、フルタイムを希望していてもパートタイムでしか働けないという方もいらっしゃると思います。

どれが正しいという選択はありませんので、それぞれの現状と価値観に合う勤務形態を選びましょう

0歳児を持つ看護師が復職する際に打つべき対策5;夜勤の有無や夜間保育について確認する

フルタイムで仕事をする場合、夜勤に入るのかどうかという問題も生じてきます。

私が見たところ、日勤専門の病棟看護師を募集しているところも増えましたが、依然として、全ての看護師が夜勤をしなくてはならないという風潮のところもあります。

夜勤に入るときは夜間の保育をどうするのか等の問題も解決しなくてはなりませんので、よく吟味しておきましょう。

もちろん、入職希望先があなたを受け入れてくれなければ復職は叶いません

今までに習ったことをおさらいし、面接試験に備えておきましょう。

面接試験対策勉強方法については、次の記事を参考にしてください。

看護師に復職する時の面接対策!尋ねられる3つの質問と答え!

看護師に復職するための勉強方法は?東大医卒の私が5つ推奨!

看護師求人サイトを活用する

具体的な復職活動には、豊富な復職支援経験を持つ看護師求人サイトを活用するのが一番です。

コンサルタントに定評のある求人サイトを紹介しますので、ぜひご自身に合ったサイトを利用してみてくださいね。

看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!

スポンサーリンク