こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



以前、次の記事で、看護師が転職するときはハローワークで仕事を探さない方が良いということについて説明したのですが、実は、転職だけでなく新規に入職するときもハローワークはおすすめできないのです。



看護師の転職!ハローワークで探さない方が良い3つの理由!



なぜ、新人看護師が仕事を探すときにもハローワークは向かないのか、その理由について説明してまいります!



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





新人看護師がハローワーク求人を利用しない方が良い理由1;案件数が少ない




全国にあるハローワーク。



厚生労働省が運営する行政機関ですので、「もっとも案件数が多いのでは?」と思っている看護師の方もいるのではないでしょうか。



実際にはそうではありません。



ハローワークでは企業や団体が公開しているいわゆる「公開案件」しか紹介してもらえませんので、急な仕事の募集や非公開で募集している「非公開案件」を紹介してもらえないのです。



そのため、ハローワークで閲覧できる案件は、大手の看護師転職サイトと比べると圧倒的に少なくなってしまいます。



新人ナースが初めて仕事を探すなら、多くの案件の中から吟味して選びたいですよね。



新人看護師がハローワーク求人を利用しない方が良い理由2;目新しい求人がない




ハローワークだけが扱っている案件というものは存在しません。



厚生労働省では、看護協会が運営している就業案内業務「ナースプラザ」とハローワークは情報連携事業を進めていますので、ハローワークで閲覧できる仕事は、すべてナースプラザでも閲覧できるのです。



しかもナースプラザは「e-ナースセンター」と呼ばれるインターネットを使った就業案内も実施していますので、わざわざハローワークに出向かなくても、パソコンやスマートフォンで案件を見ることができるのです。



新人看護師は在学中に入職先を探すことが多いですので、仕事探しの期間は、最後のレポートやら資格試験勉強やらでもっとも忙しい時期でもありますよね。



そんなときにハローワークに出かけて無駄な時間を使うことはおすすめできません。



そんな時間があれば、パソコンやスマートフォンを駆使してスキマ時間で仕事を探し、少しでも良いレポートを完成させたり、資格勉強の追い込みをしたりしてほしいと私は思います。



スポンサーリンク




新人看護師がハローワーク求人を利用しない方が良い理由3;看護師目線のサポートがない




当然のことですが、ハローワークの就業案内の担当者は、看護師や看護職経験者ではありません



新人看護師にとってどのようなことが気になるのかも知りませんし、求人情報のどの部分に注意すれば看護業務を続けやすくなるのかも把握していません。



そのような担当者と一緒に仕事を探すなら、同じ案件を持っているナースプラザの方が親身な対応をしてもらえます。



ナースプラザの就業案内担当者は、ほとんどが看護師もしくは看護職経験者ですので、新人看護師が気付かないようなポイントについても看護師目線で教えてくれるでしょう。



効率よく就職活動するなら看護師求人サイトが一番!




また、看護師転職サイトを利用してみるのも、新人看護師にはおすすめです。



看護師転職サイトなら、どこにもでかけずにスマートフォンや電話を使って就職活動ができます



おすすめの看護師求人サイトについては、次の記事で情報をまとめています。



ぜひ参考にしてください。



看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!



それに加えて、担当してくれるコンサルタントが元看護師であったり、看護職の経験者であったりすることも結構あります。



看護師ではないコンサルタントに担当してもらう場合も、あなた以外の多くの新人看護師を担当した経験がありますので、新人ナースが求める条件や今の看護事情に精通しています



転職先を探すときも看護師転職サイトを使うことがおすすめですが、新人看護師の入職先を探すときも看護師転職サイトの利用を私はおすすめします!



ただし、看護師求人サイトによって「東京都などの首都圏に強い」「医療系よりも介護施設の情報が多め」などの特徴があります。



自分に合った情報を入手するためにも、登録する前にかならず次のチェックポイントを確認して下さい。



看護師求人サイトの選び方とは?5つのチェックポイントまとめ!



スポンサーリンク