訪問看護ステーション看護師求人はココを見る!
 

こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。

訪問看護ステーションの増加に従って、ステーションで勤務する看護師の求人も増えてきました

「わたしも訪問看護師として働いてみようかな?」と考えるナースも少なくないのではないでしょうか。

今日は、訪問看護師の求人案件を見るときのチェックポイントについて探ってまいります。

スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです


訪問看護ステーション看護師求人のチェックポイント1;1人かペアか

 

チェックポイント1:1人かペアか
 

訪問看護ステーションによって、患者宅を訪問する看護師の配置人数が異なります。

人手が足りないステーションでは常に1人で患者宅を訪問しなくてはならないことも多く、トラブルが発生したときや困難な処置が求められるときも1人で対応しなくてはなりません

もちろんその分、給与が高く設定されていることも少なくありませんが、ブランクがあるナース看護師経験自体が短いナースにとってはちょっと困ってしまうと私は思います。

訪問する看護師は1人なのかペアなのか、求人に応募する前にかならずチェックしておきましょう。

尚、経験が浅いナースが転職しやすい職場については、次の記事でまとめています。

ぜひ参考にしてください。

第二新卒の看護師必見!求人の探し方と面接、入職後の注意点!

訪問看護ステーション看護師求人のチェックポイント2;訪問時の交通費

 

チェックポイント2:訪問時の交通費
 

多くの訪問看護ステーションでは、応募の条件として普通運転免許証を持っていることを求めています。

場合によっては自家用車も求められることがあります。

ステーションの車を運転する場合は特に問題は起こらないのですが、自家用車を運転して患者宅を訪問する場合ならガソリン代が支給されないとちょっと困りますよね。

ガソリン代が支給されるのか、自家用車使用手当などが支給されるのか、また、車以外の交通手段を使って訪問する時は交通費などが支給されるのか、かならず確認するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

訪問看護ステーション看護師求人のチェックポイント3;給与体制

訪問看護ステーションでは、正職員として契約する場合は月給制であることが多いのですが、パートタイマーとして契約する場合は歩合制(1件当たりの報酬で計算)か日給制であることが多いです。

歩合制の場合は、訪問に時間がかかってしまったり患者宅が離れていたりすると、時間当たりの報酬が低くなってしまうと言うデメリットがあります。

一方、日給制の場合は、担当件数が多いときと少ないときの落差が大きいという特徴があります。

どちらが良いとは一概に言えませんが、給与体制によって給料に対する満足感が変わってくるのは事実ですので、納得できるスタイルの訪問看護ステーションを選ぶようにしてくださいね。

高給にこだわるナースは、ぜひ次の記事もチェックしてみて下さい。

年収600万以上確約の看護師求人から高収入の傾向を探る!

訪問看護ステーション看護師求人のチェックポイント4;夜間の対応と手当

訪問看護ステーションでは土日祝日だけでなく夜間も、患者の家族からの要請を受け付けていることがあります。

オンコール制になっていることが多く、一晩中電話に注意しなくてはいけないだけでなく、患者宅をいつでも訪問できるように準備しなくてはいけません。

しかも人手が不足する訪問看護ステーションでは、夜間待機の後に通常の日勤が控えていることもあります

夜間待機分の手当が支給されるのか(稀に、夜間訪問の数しかカウントしない事業所もあり、ただオンコールを待っているだけでは1円も支給されないことがあります!)、夜間待機後に日勤があるのか等、応募する前にしっかりとチェックしてほしいと私は思います。

尚、夜勤専従として働くと、高給与が期待できるケースが多いです。

次の記事もぜひチェックしてみて下さい。

高給与案件多数!看護師の夜勤専従求人を選ぶときのポイント!

看護師求人サイトを利用して訪問看護ステーションの内情を知る

訪問看護ステーションは数多くありますので、どのステーションが自分に合っているのか、どの医療機関と提携しているのかを1つ1つチェックすることは大変です。

そのようなときは、看護師求人サイトを活用して、手間をかけずに情報を入手するようにして下さい。

きめ細かい情報が豊富にあるおすすめ看護師求人サイトを以下でまとめておりますので、ぜひチェックしてみて下さい。

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!

看護師求人・転職サイトランキング!人気おすすめをナース評判で

スポンサーリンク