こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



小さな子どもがいるなどの事情により、「夜勤はどうしても無理」というナースも多いですよね。



日勤のみの仕事を探すとなるとどういった職場が多くなるのか説明します。



また、夜勤ができないということは夜勤手当を見込めないということになりますので、収入面でも少し不安がありますよね。



日勤のみで働きながらも収入を増やす方法があるのかどうかについても探っていきましょう。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





日勤のみの看護師求人が多い職場はどこ?




一般的な病院では入院患者や救急患者への対応のために、ほとんどの看護師に夜勤シフトにも入るように要求されます。



夜勤シフトのみの「夜勤専従看護師」が募集されることもありますが、日勤シフトのみの「日勤専従看護師」を募集していることは滅多にありませんよね。



日勤のみで働きたい場合は、どんな職場での求人を探すことができるのでしょうか。



入院設備のないクリニック




入院設備のないクリニックでは、看護師は日勤のみで募集されます。



手術中や診察中に急変が起こった場合のみにベッドを利用するなど、入院設備があっても基本的には利用しないクリニックもありますので、探してみると意外にたくさんみつかります。



厚生労働省の医療施設動態調査によりますと、2016年1月の時点で無床のクリニックは全国に93265もあることが報告されています。



介護施設




入所タイプの介護施設やデイサービスの施設も、日勤のみの求人が多い職場です。



特にデイサービス専門施設の場合は、日勤のみの募集が100%となります。



訪問看護ステーション




24時間対応型の訪問看護ステーションの場合は、夜間看護を実施していたりオンコールの待機業務があったりすることもありますが、基本的には訪問看護ステーションの看護師求人は日勤のみであることが多いです。



企業や学校施設・保育施設




企業で勤務する企業看護師幼稚園や保育園、学校施設で勤務する看護師も、夜勤はありませんので日勤のみになります。



夜勤だけでなく残業や休日出勤もありませんので、定時に出勤・退勤したいナースには適した職場だと私は思います。



治験コーディネーター




治験施設支援機関に籍を置き、医療機関において治験コーディネーターとして働く場合と、医療機関に籍を置き、治験の協力依頼があったときに治験コーディネーターとして働く場合があります。



いずれも夜勤はありませんが、医療機関で看護師として勤務しながら治験コーディネーター業務を行う場合は、治験がないときや人事異動になったときは通常の看護師として夜勤にも対応しなくてはならなくなることもあります。



絶対に夜勤はしたくないという方は、治験施設支援機関に勤める方が良いでしょう。



スポンサーリンク




日勤看護師が給料アップを狙う方法




看護師が収入アップを狙うなら、夜勤の数を増やすのが手っ取り早い方法だと私は思います。



もちろん、夜勤なしに給料を高くする方法もありますが、夜勤を増やす方法と比べると少々時間がかかります。



高収入の職場へ転職する




現在の職場が相場よりも低賃金の職場なら、転職することで収入を増やすことが可能です。



看護師転職サイトに登録し、高収入の仕事を紹介してもらいましょう。



登録するメリットや登録後に注意する点については、次の記事を参考にしてください。



看護師が高給求人を探す方法はコレ!理想の職場を見つけよう!



勤続年数を増やす




ほとんどの職場では、勤続年数が長くなればなるほど基本給がアップしていきます。



昇進して役職に就けば、さらに収入もアップするでしょう。



ただし、一部の職場では勤続年数が長くなってもほとんど基本給が変わらないこともあります



そのような職場に勤めている場合は、転職を検討するのも私は良いと思います。



看護師転職サイトに関するおすすめ記事は以下でまとめておりますので、あわせてチェックしてみて下さい。

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!

看護師求人・転職サイトランキング!人気おすすめをナース評判で

看護師求人サイト『ナースワーカー』は人気?特徴と口コミまとめ



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる