こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



一般的には高いと言われることの多い看護師の給料。



本当に、みんなたくさんもらっているのでしょうか?



実際には一人一人価値観は異なりますので、「たくさんもらっている」と言っていても平均より少ない額だったり、「あんまりもらっていない」と思っていても相場を軽く超えた額だったりすることもありますよね。



今日は、看護師の給料は手取りでどの程度が平均なのか、勤務年数や地域、所属(国公立の医療機関か民間の医療機関)、初任給別に紹介します。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





看護師の手取り給料1;国立病院勤務




2015年4月1日以降、国立病院に勤務しているナースは公務員ではなく『国立病院機構』に勤務する一般職員となりましたが、給料体系は国家公務員であった頃のままであることが多く、基本給は地域や診療科に関わらず一律の給料であることが多いです。



各種手当などである程度は差がつきますが、新人ナースで18万円前後、初任給が16万円前後(制服などの天引き後)であることが多いようです。



10年ほどのキャリアを経ると、手取りが25万円~28万円ほどになります。



国立病院での賞与は民間病院の平均より多いケースが多いので、年収として見ると、民間病院と同レベルあるいはそれ以上になるのですが、給料(月収)で見るとかなり少ない印象を受けます。




なお、いずれも夜勤ありの病棟勤務のナースの給料です。



今すぐ無料で国立病院で好条件の看護師求人を探す



看護師の手取り給料2;民間総合病院




民間の総合病院に勤務する場合は、地域によっても給料の手取り額が大きく異なってきます。



東京や神奈川県などの首都圏に勤務する新卒ナースの場合は22万円前後、初任給でも20万円になりますが、熊本県や青森県などの地方は、新卒ナースの平均が19万円前後、初任給が18万円前後になっています。



10年ほどのキャリアを経ると、地域や医療機関による給料の差はいよいよ大きくなります。



首都圏に勤務する場合は手取り35万円~40万円、地方に勤務する場合は手取り25万円~30万円ほどになります。




なお、こちらも、いずれも夜勤ありの病棟勤務ナースの給料の平均を記しています。




看護師の手取り給料3;クリニック




クリニックに勤務する看護師の給料を見ていきましょう。



クリニックは総合病院よりもさらに医療機関による賃金差が大きく、地域によって、勤務時間などの労働条件によっても大きく差があります



また、私が知る限りでも新卒でクリニックに勤務するというケースはあまりないので、平均を求めること自体が困難です。



そのため、参考に、パートで勤務したときの時給を記しておきますね。



新卒あるいは看護師としての経験が3年以下の場合は、時給が1000円~1500円(税引き後、給料を就労時間で割って求める)程度ですが、看護師経験が10年以上になると、時給1500円~2500円の高水準になります。



病院看護師として経験を積み、育児や家事のために一時看護師を離れていた人が復職する際、こういった高額なパートを選べば、短時間で効率よくお金を稼ぐことができますね。



訪問看護師の給料相場は?訪問看護ステーション管理者の年収は?



スポンサーリンク




手取りの給料アップを目指すなら?夜勤と転職




給料アップを目指すなら、「夜勤を増やす」のが一番手っ取り早い方法だと私は思います。



ですが、体力的な問題や職場での夜勤回数制限、夜勤希望者が多い職場等の様々な事情で、夜勤を増やすことも容易ではありません。



「資格を取得する」ことで給料アップを目指す方もいますが、資格取得はナース個人のスキルアップには直結しますが、資格手当が出ない職場も多いので、実のところ、給料アップにはあまり直接関係がありません。



医療機関によって差がある給料!転職すれば給料アップも




給料アップを本気で考える方は、ぜひ転職を考えてみてください。



民間の病院やクリニックの給料は、地域差も大きいですが、それ以上に医療機関による差が大きいです



同じ勤務時間や同じ条件で、現在勤めている病院より多くの給料を得られるところが必ずあります。




看護師専門の転職サイトに登録すれば、給料の希望条件を最初に伝えるだけで、条件に見合う転職先を探してもらうことができますので、ぜひとも活用して、満足が出来る職場を探してもらいたいと私は思います。



おすすめの看護師転職サイトはこちら



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる







つづいて、初任給の手取り額についても詳しく見ていきましょう。



看護師の初任給の手取りは所属機関に関わらずざっくり15~20万程度が相場




以下に示す金額は、いずれも『手取り』ではなく、『額面上』の金額になります。



まず、日本看護協会が2013年に実施した『看護職における賃金水準調査』によりますと、看護師の初任給の平均は、高卒と3年制の看護学校卒の場合、税込みで26万2074円、大卒の場合は税込みで27万201円となっています。



国立病院や国立大学病院、厚生労働省が管轄する医療機関などの国立系の施設に勤務する看護師の初任給の平均は、高卒と3年制の看護学校卒の場合は税込みで26万184円、大卒の場合は税込みで27万1250円となっています。



国立は給料が良いと思っている方も多く、実際に国立病院全体の平均給料は法人や個人の病院よりも高くなっていますが、初任給に限ると平均よりも少し下回ることが分かりますね。



また、都道府県や市町村、地方独立行政法人、公立大学付属病院等の公立施設に勤務する看護師の初任給の平均は、高卒と3年制の看護学校卒の場合は税込みで25万8481円、大卒の場合は税込みで26万7422円となっています。



一方、私立大学法人が運営する大学病院に勤務する看護師の初任給の平均は高卒と3年制の看護学校卒の場合は税込みで27万9690円、大卒の場合は税込みで28万7999円、医療法人や個人が経営する病院・クリニックに勤務する看護師の初任給の平均は高卒と3年制の看護学校卒の場合は税込みで26万2595円、大卒の場合は税込みで27万137円となっています。



これらのデータから、初任給だけを見ると、所属する医療機関や経営母体(国や地方、法人、個人)に関わらず、どこも大差はなく、26万円~27万円が相場であることが分かります。



ただし、これらは額面上の給与金額であるため、ここから税金や各種経費などが差し引き、手取りは5万円~10万円ほど少ない額になります。



また、4月1日から入職する場合は良いですが、数日後から入職する場合は、基本給も日割り計算で差し引かれます。



そのため、平均すると初任給として15万円~20万円を受け取る看護師が多くなるのです。



今すぐ無料で、年収600万超・新築でキレイな病院の求人情報を探す



●関連記事

看護師給料の高い病院の共通点は?年収ランキング1位は東京都?

看護師給料ランキング!高収入で待遇の良い都道府県は?

沖縄の看護師給料は?年収ランキングから転職口コミまとめ!

大学病院看護師給料ランキング!国立と私立大学病院の違いとは?



初任給が少ない看護師は、各種手当が少ないのかも!




看護職における賃金水準調査』によりますと、看護師の初任給の平均は、高卒と3年制の看護学校卒の場合は税込みで26万2074円、大卒の場合は税込みで27万201円となっていますが、基本給の平均はそれぞれ19万7968円と20万4683円になっています。



つまり、通勤手当や住居手当、家族手当、夜勤手当などの各種手当が6~7万円ほど支給されていると計算できます。



その中でも夜勤手当は額が大きいため、夜勤を行っていない看護師と夜勤を最大限行っている看護師では5万円以上の差が付きます。



手っ取り早く給料を上げたい方は夜勤を積極的にするのが私としてもオススメですが、配属先の医療機関によっては新人の間は夜勤になかなか入れないこともありますので、「早く夜勤をしたい!」と焦らないようにしてくださいね。



初任給が少ない看護師は、こんなことに引かれていることも!




私の経験上もそうですが、私の教え子たちに聞いて見たところ、初任給を受け取ったとき、「意外と少ない!」と感じた人がかなり多いです。



税金以外にも、ナース服の費用や組合の入会費、各種積立金などが引かれている場合もあるので、一度、じっくりと給料明細を見直すと良いです。



医療法人の付属の看護学校を卒業している場合は、学費等の立て替え金が給料から天引きになっていることもあり、立て替え金を支払い終わらない限り、給料が一桁なんていうこともあります。



●関連記事

日赤看護師の給料は高い?赤十字病院のボーナスと待遇について!

看護師のボーナスの平均額は?企業規模と賞与、年齢の関係!

アメリカの看護師の年収はいくら?海外転職する方法について!

看護師長の年収や業務内容は?国立・公立病院との違いと特徴!

外来看護師の給料相場は?夜勤手当以外で年収をアップする方法