こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



家族の都合や引越しなど、転職する時期が決まったら、いつから転職活動を始めることができるでしょうか。



転職活動のために普段の業務がおろそかになっては困りますので、できれば短期間で済ませたいですよね。



今日は、転職活動はいつから始めるべきかについて説明いたします。



転職の予定が決まった方は、ぜひ参考にしてくださいね!



尚、転職する時期はまだ決まっていないけれど、いずれは転職したいと漠然と考えている方もいるでしょう。



そのような方は、次のページを参考に、転職にベストな時期を選んでくださいね!



看護師転職にベストな時期はいつ?最適なタイミングを選ぶ!



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





最低でも転職したい時期から2ヶ月前に活動を始めよう!




看護師転職サイトなどを使って、インターネットで求人案件をチェックできる時代になりました。



とは言っても、面接を受けたり職場見学をしたりする必要はありますので、転職活動のすべてを在宅で行えるわけではありません



面接時間自体は30分もかからないとしても、転職試験に小論文や適性検査などを実施するところもありますので、平日の半日は必要だと思っておく方が良いと私は思います。



希望する仕事が見つかるまでに数週間から1ヶ月(人によってはそれ以上)、実際に応募してから面接や試験を行うのに2~3週間(こちらが希望する日時と病院側が指定する日時の兼ね合いにもよる)見るとすると、最低でも2ヶ月はかかるのです。



転職する前に一休みしたいのかどうかも大切




今の職場を辞めてからすぐに新しい職場で働こうと考えているのか、それとも少し休んで失業手当(雇用保険の基本手当)をもらってから働こうと考えているのかでも転職活動を始める時期は変わって来ます。



失業保険はすぐには支給されない




ただし、失業手当は仕事を失った日からすぐにもらえるものではありません。



ハローワークに申請してから7日間の待機期間があり、その次の日から失業手当が発生します。



ですが、会社の都合で退職したのではなく自分の都合で退職した場合は、待機期間が終わってから3ヶ月の給付制限期間がありますので、実際に失業保険がもらえるようになるのは、勤務先を辞めてから約100日後になるのです。



また、給付制限期間が終わったらすぐに失業保険が現金で支給されるのではありません。



給付制限期間が終わった次の日から失業保険は発生しますが、口座に振り込まれるのはさらに3週間ほど後になります。



つまり、4ヶ月ほど無給で耐えられる人だけが、失業保険をもらうことができると言えるのです。



失業保険の上限額




失業保険では、普段働いて得ていた収入がそのままもらえるのではありません。



収入を日給で計算し、その50%~80%だけがもらえるのです。



しかも上限額が決まっていますので、高給を得ていた人も上限額を超えてはもらうことができません



2016年8月からは日本の全体的な平均賃金の低下にともない、失業保険で受け取れる日額の上限も低下しました。



スポンサーリンク




ブランクなく仕事をするために看護師転職サイトを活用しよう




失業保険がすぐにもらえないことや受給額が低いこと等、金銭的な面から見ると、転職前にブランクがあることは私から見てもおすすめできることではありません



また、職歴書にブランクがあると、「これはどうして期間が空いているの?」と面接官に尋ねられたり、あまり良くない印象を持たれたりすることがあります



ブランクなく仕事をするためにも、退職の2ヶ月前には転職サイトを使った転職活動を実施することが私のおすすめです。



電話やメールで担当のコンサルタントに連絡できますので、業務に支障をきたすこともほとんどないでしょう。



看護師転職サイトをしっかりと活用して、スムーズに転職できるようにしていきたいですね!



看護師転職サイトの利用を考えている方はこちらの記事もご覧ください。

看護師転職サイトのデメリットとは?求人探しは複数登録は必須?



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる