こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



転職と言えば面接試験は欠かせませんよね。



転職を希望する皆さんは、ちゃんと面接対策を実施していますか?



面接でどのような質問を尋ねられることが多いのか、また、どのように答えるなら、ありきたりにならずに、しかも好印象を持ってもらえるのか私の経験も含めて説明いたします。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





看護師転職面接でよくある質問1;志望動機は何ですか?




志望動機を尋ねない面接試験はないと断言できるほど、必ず聞かれる志望動機。



履歴書にも志望動機は記入しているはずなのですが、なぜか絶対に尋ねられますよね。



もちろん、履歴書に記載した志望動機の内容を正確に述べることも大切ですが、言葉で説明するのですから、記載したこと以上の何かについても述べたいものです。



回答例;職場の雰囲気に触れる




「給料が良かった」「家から近かった」「院内保育園が充実していた」などの率直な志望動機を述べることも良いのですが、看護師の希望者が多い場合は、このような志望動機では「ちょっと動機が不純かも」と思われる可能性があると私は思います。



ですから、回答例として、職場の雰囲気について触れることをおすすめいたします。



「何度か貴院を訪れましたが、病院と言う暗くなりがちな場所において、看護師も医師も協力して明るい雰囲気を作っていることに感銘を受けました。



私も貴院の一員となって、患者さんを明るく励ましていけるスキルを身につけたいと思います。」



数字に表れない部分(雰囲気)を評価するということも大切なポイントになりますが、面接前に何度も見学に来ていることをアピールすることができますので、その分、本気度を示すこともできます



尚、転職活動をする際に「病院見学」は必須です。



病院見学のメリットについては、次の記事で詳しく説明しています。



看護師が転職するときに病院見学をする方が良い3つの理由!


看護師転職面接でよくある質問2;なぜ以前の職場を退職したのですか?




以前の職場をなぜ退職したのかも、ほぼ間違いなく尋ねられる質問になります。



仕事を辞めた理由については履歴書には記載していませんので、詳しく聞きたいと考えている面接官も多いのではないでしょうか。



このときに大切なことは、絶対に以前の職場の悪口を言わないということです。



ひどいいじめを経験したために辞めたとしても、「辞めた職場について悪く言う人」=「人間性に問題がある人」と捉えられてしまうかもしれませんので、面接官が「イヤなことがあったから辞めたんですよね?」などと誘導するように尋ねたとしても、絶対にネガティブな発言はしないでおきましょう。



尚、職場の人間関係が辛くて辞めたいという考えは、看護師や准看護師にとっては特別なことではありません。



ですが、それをストレートに面接官に伝えるのはNGですので、あなたの心の中だけにしまっておきましょうね。



次の記事もぜひご一読ください。



職場の人間関係を理由に転職を考える看護師が多いのは何故か?



回答例;スキルアップのための転職であることをアピールする




イヤなことから逃げるための転職ではなく、自分自身のスキルアップのための転職であることをアピールすることで、面接官に好印象を持ってもらうことができるでしょう。



「異なる職場で刺激を受けることも看護師としてのスキルアップに欠かせないことだと思います。



そのため、私が専門にしたいと考えている腎臓内科にとりわけ力を入れている貴院で働いて見たいと志望するに至りました。」



前の病院やクリニックでの人間関係などについて触れると、「今回の職場でも、ちょっと嫌な思いをしたらすぐに辞めてしまうのでは?」と勘繰られてしまうかもしれません。



常に前向きの姿勢であることもアピールしたいものですよね。



「転職するなら東京で寮暮らしを経験してみたい!」と考えているナースの方は、次の記事もチェックしてみてくださいね。



看護師転職!東京都内で寮のある医療機関はココがおすすめ!


スポンサーリンク




看護師転職面接でよくある質問3;どのような看護を目指していますか?




看護師としてどのような姿を目指しているのか、つまり、あなたの持つ看護観について尋ねられることも多いです。



壮大な希望を述べるのも良いですが、身近な例を挙げて実現可能な話をする方が、面接官に好印象を持ってもらえると私は思います。



回答例;患者さんとのエピソードを絡めて答える




看護というものは、看護師一人では実現不可能な作業です。



常に患者さんという対象がいることで完成するのが『看護』なのです



ですから、看護観を述べるときには、必ず患者さんの話を絡めなくてはいけません



「看護実習生であった頃、先輩ナースたちが患者さんの笑顔を上手に引き出していることに感銘を受けました。



病気に苦しんでいる患者さんの笑顔が引き出せるナースになりたいと常々考えており、患者さんが少しでも心身両面で居心地の良さを感じられる看護を追求していきたいと思っています。」



患者さんとの具体的なエピソードがあれば、手短に1つ加えるともっと良いでしょう。



理想の職場に転職する




看護師求人サイトを利用するなら、看護師として勤務しながらでも効率よく転職活動を進めていくことができます


おすすめの求人サイトをいくつか紹介します。



看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!



また、求人サイトはかならず2つ以上に登録するようにしてください。



その理由については、次の記事で詳しく説明しています。



看護師転職サイトのデメリットとは?求人探しは複数登録は必須?



スポンサーリンク