新人看護師が転職するのは難しい?狙い目の職場


こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



新人教育が終わらないうちに、「どうしても転職したい!」と思い立つ看護師もいますよね。



頑張っては見たもののこれ以上続けることはできないと、苦渋の決断をするナースも多いと私は思います。



日本看護協会「2012年・病院における看護職員需給状況調査」によりますと、2011年の新卒看護職員が離職する割合は7.5%でした。



つまり13人に1人のナースは、新人ナース(新卒後、入職して1年以内)のうちに仕事を辞めているのです。



では、この新人ナースたちはスムーズに転職できているのでしょうか。



今日は、新人ナースの転職活動は難しいのか、どのような職場を狙えばスムーズに転職できるのかについて説明します。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





新人看護師が転職する理由




新人看護師が転職する理由


同じく日本看護協会による調査「平成19年・潜在ならびに定年退職看護職員の就業に関する意向調査報告書」によりますと、結婚や出産などの個人的な事情以外の離職理由としてもっとも多かったのが「勤務時間が長い・超過勤務が多い」ことでした。



次いで、「夜勤の負担が大きい」ことが理由として挙げられていました。



つまり、職場の勤務時間や超過勤務、夜勤に不満を持ち、転職や退職を決意するナースが多いと言うことができます。



新人ナースも同じです。



思った以上に勤務時間が長いだけでなく、研修や勉強会などの勤務以外の拘束時間もあるでしょう。



そのため、「もうこれ以上続けられない」と決意することもあるのです。



新人看護師が転職するのは簡単?




新人看護師が転職するのは簡単?


ですが、1年以内に辞めたとなると、「根気がない」とか「社会性に欠ける」、「常識がない」、「協調性がない」等、ネガティブに判断されることが多いですので、なかなか転職活動がうまくいかないこともあります。



「みんな、それくらいのことは我慢して仕事しているよ~」と面接担当者に嫌味を言われ、心が弱っているときにさらに追い打ちをかけるように辛い思いをすることもあると私は思います。



また、転職先が決まったとしても、初めに勤務していたところよりもさらに悪条件の職場ということもあるでしょう。



労働時間は同じなのに給料が低かったり、人手が不足していて看護師1人にかかってくる仕事が多すぎたりすることもあるかもしれません。



1年目で辞めても2年目で辞めても印象はほぼ同じ




看護業界では3年目になって初めて「ある程度の経験のあるナース」として周囲から見てもらえます。



そのため、1年目の新卒ナースが辞める場合でも、2年目のナースが辞める場合でも、「つまりは入職してすぐに辞めちゃったんでしょ?」と否定的に捉えられてしまいます。



2年目ナースの転職については次の記事でも詳しく説明していますので、ぜひご一読ください。



看護師が2年目で転職するというのはアリ?転職前に考慮すること



スポンサーリンク




次は失敗したくない!そう思うなら専門家に任せよう!




次の職場では長く働きたいと考えるナース、そして、もっと良い労働条件で働きたいと考えるナースは、自分で転職先を探すと言う方法もありですが、転職の専門家に全面的にお任せするという方法もあります。



ほとんどの看護師求人サイトでは、無料登録するだけで、専任の看護師転職コンサルタントをつけてくれますし、そのコンサルタントに希望する条件での職探しや面接の際のアドバイス、好印象を持ってもらえる履歴書作成等のさまざまなお手伝いをしてもらうことができます。



また、コンサルタントによっては、転職を希望する職場に足を運んで、人間関係や内部事情などのインターネットでは検索できないような情報まで調べて来てくれることもあるのです。



今度こそ長く勤めたいと考えるなら、看護師転職サイトの登録&コンサルタントの活用は欠かせないポイントだと私は思います。



おすすめの求人サイトをいくつか紹介いたします。



看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!



また、転職活動をさらに効率的に推進していくためには、複数の転職サイトに登録することが勧められます。



次の記事もぜひ参考にしてくださいね。



看護師転職サイトのデメリットとは?求人探しは複数登録は必須?



第二新卒を積極的に受け入れる病院を選択する




今の職場は早く辞めたいけれど、新人研修も途中になっているし、次の職場に転職して看護師としてうまくやっていけるかどうか不安という方は、「第二新卒」を積極的に受け入れている病院を選択することができます。



第二新卒を積極的に受け入れている病院では、新人として入職した看護師だけでなく、第二新卒として入職した看護師も新人研修が受けられるように配慮されています。



また、自分以外にも第二新卒で入職した看護師がいることも少なくありませんから、「なんで1年もしないうちに辞めたの?」などと無粋な質問を受けることも少ないでしょう。



スポンサーリンク