こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



看護師が取得できる資格の中でも、資格取得のためにかかる時間も難易度もトップクラスにあるのが『専門看護師』の資格です。



今日は、専門看護師の役割と種類、また資格を取得する方法と維持する方法について説明いたします!



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





専門看護師とは




専門看護師制度を実施する日本看護協会では、専門看護師とは「ある特定の看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた者」と規定しています。



水準の高い看護を行うだけでなく、効率性の高さや深い知識、周囲の状況から総合的に判断する力が求められています。



専門看護師の役割




日本看護協会では、専門看護師の役割を大きく6つに分けて説明しています。



専門看護師の役割1;実践




患者さんや家族、集団に対する看護を、卓越したスキルで実践します。



専門看護師の役割2;相談




患者さんや家族に対してコンサルタント業務を行います。



私の大学院同期にも専門看護師がいますが、専門看護師は看護師の中でも指導的な立場に立つことが多いですので、患者さんや家族も信頼して話をしてくれやすいと語っていました。



専門看護師の役割3;調整




患者さんにとって必要なケアがスムーズに行われるために、医療や保健、福祉に携わる全てのスタッフの調整を行います。



つまり、『専門』に秀でていることが専門看護師には求められますが、『大局的』な見方も出来なくてはならないのです。



専門看護師の役割4;倫理調整




患者さんや家族の利益を守るために、倫理的な問題や集団内の葛藤の解決を図ります。



これも、専門看護師ならではの大局的な見方、中立的な見方が必要とされる役割だと私は思います。



専門看護師の役割5;教育




看護を実践する看護師や家庭内での看護を担当する家族に対して、看護教育を実施します。



教科書的な指導も大切ですが、専門看護師自らの経験に基づいた実践的な教育が望ましいと言えるでしょう。



専門看護師の役割6;研究




専門看護師は、臨床において看護を実践するだけでなく、研究者としての側面を持たなくてはなりません。



専門的な知識やスキルを向上させるだけでなく、常に疑問を持ち、新たな看護の開発に勤しむ姿勢が大切だと私は思います。



スポンサーリンク




専門看護師の資格取得方法




専門看護師には「がん看護」「精神看護」「地域看護」「老人看護」「小児看護」「母性看護」「慢性疾患看護」「急性・重症患者看護」「感染症看護」「家族支援」「在宅看護」の11の分野がありますが、いずれの資格を取得するためにも、看護師資格を有し、看護系大学院修士課程を修了し、専門看護師教育課程基準単位数を取得し、5年以上の看護臨床経験を有し、そのうち3年以上は取得を目指す領域に携わっていることが条件として求められます。



これらの条件を満たしたうえで、年に1度の書類審査と筆記試験に通過すると『専門看護師』の資格が授与されます。



なお、筆記試験を受験する際には、看護実践の報告書も提出しなくてはなりません。



専門看護師の資格更新方法




専門看護師の資格は取得後5年しか有効ではありませんので、期限内に更新手続きを行わなくてはなりません。



更新手続きを行う際には、看護実績が必要となりますが、この際の看護実績はポイントによって評価されます。



このポイントは、研修や学会への参加や専門領域における講師を引き受けること、マスコミによる普及活動を行うこと、論文を発表することなどを行うことで取得することができ、各行為におけるポイント(行為ごとに2~15点のポイントが決まっている)を加算して100点以上になる必要があるのです。



つまり、専門看護師になるということは、専門分野における研究・看護活動を実施し続けるということを意味しているとも言えるでしょう。



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる