感染管理認定看護師の役割を知りたい!
 

こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。

病院には、様々な病気を持った方が訪れ、医薬品や血液などを用いた治療や処置が行われます。

そのため、『感染管理』に配慮しないでいると病院から感染症を蔓延させてしまう恐れがあるのです。

今日は、感染管理に対する専門知識とスキルを有する『感染管理認定看護師』の役割と働きがい、資格取得に必要な事柄やニーズなどを、私の感想も絡めて説明いたします!

スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです


感染管理認定看護師の役割

 

感染管理認定看護師の役割
 

感染管理認定看護師は、所属する医療機関内でどのような役割を果たすのでしょうか。

感染管理認定看護師の役割1;感染管理システムの構築

院内から感染者を出さないために、注射針専用の廃棄容器の設置や安全機器の設置など、細かな点までマニュアルを作成し、サーベイランスの方法やアウトブレイク時の対応など、感染管理システムを構築します。

また、システムのフィードバックも忘れてはなりません。

常に最悪の事態に備えて、感染者を出さないためのシステム構築を行います

感染管理認定看護師の役割2;職員たちへの教育

何度もシステムを吟味して完成させても、職員たちが理解し、実行に移していないなら意味がありませんよね。

新規に入職した方には随時、既存の方には年に2回くらいを目安に、感染管理の大切さと具体的な方法について説明します。

また、マニュアルが常時閲覧できる状態に管理するのも、感染管理指導に当たる看護師の役目です。

感染管理認定看護師の役割3;問題点の抽出と改善

感染管理対策を実施していくと、施設内の設備やシステム上の問題点が明らかになります。

それらの問題点を抽出し、具体的な改善策を提示するのも感染管理認定看護師の役目です。

感染管理認定看護師の働きがいとニーズ

 

感染管理認定看護師の働きがいとニーズ
 

規模の大小に関わらず、全ての医療機関では独自の感染管理を行わなくてはなりません。

小規模の病院やクリニックでは独自の『感染管理マニュアル』を作成し、大学病院や大規模病院では『感染管理室』などの専門の部署を設けて、それぞれが施設内の感染管理に努めています。

感染管理を行うために特別な資格は必要ありませんが、『感染管理認定看護師』などの感染管理に特化した資格を保有するなら、専門の知識やスキルを活かして医療機関の感染管理環境の向上に役立つことは間違いありません

資格を保有することで感染管理のエキスパートとして部署や業務を任せられたり、資格手当や役職手当が付いたりすることもあります。

『感染管理認定看護師』の資格は、診療内容に関わらず活用できる資格であるだけでなく、看護師としてのキャリアアップにも役立つ資格と言えるでしょう。

スポンサーリンク

感染管理認定看護師の資格取得方法

『感染管理認定看護師』の資格は、日本看護協会が認定する21の認定看護師資格のうちの1つです。

1998年に感染管理看護の部門が特定され、2001年から資格授与が開始されました。

看護師としての資格取得後、5年以上の臨床経験を持ち、そのうち3年以上は感染管理と関わる部署や現場で勤務している看護師が、日本看護協会が認定する『認定看護師教育機関』で6ヶ月、615時間以上にわたる研修と講習を受け、筆記による認定審査に合格すると、『感染管理認定看護師』の資格を取得することができます。

資格の有効期間は5年ですので、資格取得後5年以内に更新手続きを行わなくてはなりません。

たゆまぬ努力が更新手続きに求められる!

『感染管理認定看護師』の資格を更新するためには、過去5年間に2000時間以上の看護臨床経験を持ち、学会や研究会の参加、雑誌や学会での発表などを5年の間に50点以上行うことが必要です。

ただ資格を取得するのではなく、看護師生命をかけて感染管理に関わっていく姿勢が求められるのです。

他の認定看護師や専門看護師の資格も、スペシャリストとして学び続け、研究し続けることが求められています。

私もいくつかの学会に毎年参加しますが、どの学会でも認定看護師や専門看護師が多く出席しており、臨床にも携わりながら研究する姿勢に感銘を受けることが多いです。

看護師として何か1つの分野を決め、道を極めていくことは、素晴らしいことだと私は思います。

スポンサーリンク

おすすめの関連記事

⇒退院支援看護師とは?仕事内容や役割、必要な資格などについて!