老健看護師とは?


こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



介護に対する国民的関心が高まる中、在宅復帰を目指す高齢者の施設『介護老人保健施設(老健)』が増えてきています。



介護保険が適用されますので、有料老人ホームと比べると費用面が抑えられていることも老健のニーズの高さにつながっています。



施設が増えると、当然のことですがそこで働くスタッフが必要になります。



看護師の募集も増えていますので、老健での勤務を希望するナースも増えているのではないでしょうか。



老健での看護師の業務内容を紹介し、忙しさや看護師に求められる適性、求人の多さなどについて、私の勤務と指導の経験から説明してまいります!



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





老健施設に勤務する看護師の仕事内容




老健施設に勤務する看護師の仕事内容


老健は『保健施設』ですので、一般的な『病院』などの医療機関とは異なり、看護師は注射や点滴などの医療行為をほとんど行いません。



では、看護師は具体的にはどのような業務に携わるのでしょうか。



老健看護師の仕事内容1;健康管理




老健施設は、基本的に入所して機能回復や在宅復帰を目指す施設ですので、24時間365日、入所者が健康に暮らせるようにサポートして行かなくてはなりません。



健康な生活を支えるためには、看護師による日々の健康管理が不可欠です。



バイタルチェックや体温・血圧の測定を時間を決めて行うだけでなく、顔色や食事の量、排便の回数などに変化はないかを事細かに観察することが必要です。



また、服用している薬剤がある入所者に対して、きちんと決められた量とタイミングで服薬しているか管理することも老健看護師の仕事となります。



老健看護師の仕事内容2;日常生活の介助




自宅で日常生活が遅れない高齢者のための入所型介護施設ですので、当然のことですが、入浴や食事、身だしなみなどに周囲のサポートが必要な方が入所していらっしゃいます。



老健施設には介護スタッフも大勢いますが、看護師も率先して高齢者の介助サポートを行う必要があるでしょう。



老健看護師の仕事内容3;話し相手




日常生活においてサポートは必要なものの、基本的には身体的に健康な方が入所していらっしゃいますので、一日の中に特別な予定がない時間が非常に長くあることになります。



本を読んだりテレビを見たり、入所者同士で話をしたりして時間を過ごされますが、老健に勤務するスタッフたちも積極的に入所者と関わり合い、話し相手になるように努めなくてはなりません。



老健看護師の仕事内容4;急変時の対応




高齢者ですので、普段は健康と言っても急に体調を崩すことも少なくありません。



急変時には、看護師が先頭に立って対応し、救急病院へ付き添って行ったり、入所者の普段の様子や体調が変化したときの状況などを的確に医師に伝えたりします



同じく高齢者向けの介護施設として『特養』や『有料老人ホーム』があります。



これらの施設における仕事内容や働き方については、次の記事を参考にしてくださいね。

特養看護師の仕事内容とは?忙しさや適性、求人の多さについて!

有料老人ホームの看護師の仕事内容とは?忙しさや求人の実際は?



また、通所型の高齢者向け施設『デイサービス』については、次の記事で詳しく説明しています。

デイサービスの看護師の仕事内容とは?忙しさや残業について!



スポンサーリンク




老健看護師の忙しさはどの程度?




老健看護師の忙しさはどの程度?


基本的には療養型の保健施設ですので、一般的な病棟や外来に勤務する時と比較して忙しいということはありません。



24時間対応の施設ですので、夜勤や休日出勤のシフトもありますが、残業になることはあまりありませんので、定時に出勤・定時に退勤することが可能です。



また、老健施設では一日のスケジュールに沿って食事や健康管理業務、レクリエーションなどが行われますので、勤務するスタッフたちも時間を決めて休憩を取ったり食事を取ったりすることができます。



私の教え子の中で、老健施設に勤める保健師の資格を持つ看護師がいますが、夜勤を土日に持ってくるなど、上手にシフトを組めば子育てと仕事の両立は可能だと言っています。



残業になることがほとんどないので、保育園のお迎えにも遅れずに行くことができ、終業前にイライラすることも少ないそうです。



高給料!夜勤専従の募集も多い老健




一般的な大病院と比べると立地が少々不便なところにあることが多い老健。



そのため、公共手段で通勤しているスタッフの中には、絶対に夜勤はできないという人も少なくありません。



とは言っても夜勤看護師も一定数必要になりますので、夜勤を多く入れられるナースや夜勤専従で働けるナースの募集が多くあります。



夜勤専従や夜勤多めの日勤というスタイルで働くと、夜勤手当が増えますので高給料が目指せますよ。



老健看護師の適性とは?




老健施設は、介護士や作業療法士などの看護師以外のスタッフが多い職場です。



他のスタッフたちと協力して業務に当たれることや、細かな連絡事項などをスタッフたちと共有することができることが求められる職場でもあります。



私も看護師たちの研修で老健施設を訪れたことが何度かありますが、小規模な施設では看護師は数人だけということも多く、看護師に期待される仕事は多い代わりに、ややもすると疎外感を感じてしまうこともあるだろうと考えさせられました。



「自分は看護師だから・・・」と、自分からバリアを作ってしまうことがないようにしたいものです。



老健看護師の求人は多い?




社会の高齢化が進むにつれ、老健施設も増えてきています。



老健施設で働く看護師の需要も増えていますが、フルタイムの常勤職員としてというよりは、パートタイムや非常勤職員としての求人が多く、病院勤務よりは給与が低く設定されていることが多いです



自分の働くスタイルに合った求人を探すには、看護師専門の転職サイトなどを活用する方が効率よく探すことができるでしょう。



とはいえ、転職サイトも数多くありますので、どのサイトに登録すれば良いか悩んでしまいますよね。



実際にナースたちが使ってみて「良い!」と判断した人気の転職サイトについてまとめてみました。



ぜひ参考にしてくださいね。

看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる