精神科の忙しさや適性など まとめ


こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



精神科というとちょっと特別な診療科のように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では「心療内科」や「メンタルヘルスクリニック」などの抵抗感の少ない名称の施設も多くなり、より生活に身近な診療科になってきています。



看護師の方の中でも、精神的での勤務を希望する方も増えてきているのではないでしょうか。



精神科看護師の仕事内容や特徴を紹介し、私の経験から、精神科看護師の忙しさや求められる資質、求人の多さなどについても説明してまいります。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





精神科に勤める看護師の仕事内容




精神科に務める看護師の仕事内容・患者の状態を把握する・薬剤管理


精神科では、看護師はどのような仕事を行っているのでしょうか。



病棟勤務と外来勤務の看護師の業務内容を説明いたします。



精神科看護師の仕事内容1;患者の状態を把握する




「患者の状態を把握するのは、どの診療科でも同じなのでは・・・?」と思われるかもしれませんが、精神科、特に精神科の入院病棟において、普段の状態を把握することは患者さんの回復に直結していますので、非常に重要なことなのです。



精神的な健康は、何か1つの出来事によって構築されるものではありません。



1つ1つの小さな出来事が積み重なって、精神的な病が進行したり快癒に向かったりするのです。



病状が悪化するような変化が起こっていないか、精神科看護師、特に精神科病棟看護師は患者さんの普段の言動や周囲の人との関わりをしっかりと把握しておかなくてはならないのです。



精神科看護師の仕事内容2;薬剤管理




精神科の治療は、主に本人や周囲の人々へのカウンセリングと投薬によって行われます。



外科的な治療が行えない分、毎日、決められた量の医薬品を決められたタイミングで服用することが大切な意味を持つのです。



また、精神科で処方される医薬品は、使用量や使用方法を間違えると思わぬ副作用が生じることも少なくありません。



違法な目的で売買されることもありますので、薬剤師はもちろん看護師も患者さんへの服薬指導を念入りに行い、病院に保管される薬剤の管理を徹底して行う必要があるのです。



実際に、興味本位で、精神科で処方される医薬品を個人的に分けてほしいと知人などから依頼されることがあります。



私も教え子も精神科病院に勤務しているときに何度かそのような依頼を受けたことがありますが、看護師たるもの誇りある医療従事者として毅然とした態度ではねつけなくてはなりません!



スポンサーリンク




精神科看護師の忙しさは?




精神科看護師の忙しさは?


総合病院の外来やクリニックに勤務する場合は、他の診療科と比べて精神科が特に忙しいということはありません。



外科的な処置を行わない分、診察や治療のサポートも比較的楽と言えるでしょう。



また、薬物治療がメインとなりますので、訪問看護形式で患者さんと接するという機会もあまりありません。



一方、病棟に勤務する場合は、重症患者が多くなりますので、患者自身の身の回りのケアや食事などの介助が必要になることがあります



ちょっとした変化や周囲との関わり方で病状が急変することもありますので、患者さんの観察もこまめに行わなくてはならないのです。



私も精神科病棟で勤務したことがありますが、穏やかに過ごせる日もあれば、急変する患者さんがたくさん出ることもあり、身体的には特に大変ではなかったのですが、毎日張りつめた状態で過ごすので精神的には疲労することが多かったです。



地域に根差した心療内科やメンタルヘルスクリニック等で働きたいと考えている方は、クリニックならではの仕事内容や忙しさについても把握しておく方が良いですよね。



次の記事を参考に、クリニックならではの働き方について学んでおきましょう。

クリニックの看護師の仕事内容とは?忙しさや適性について!



給料は夜勤によって異なる




精神科だからといって他の診療科との給料が大きく異なることはありません。



夜勤がある病院では夜勤手当の分、年収も高くなりますし、夜勤がないクリニックでは日勤分の給料だけですので年収もそれなりになってしまいます。



どちらかと言うと精神科はクリニックや外来のみの医療機関が多いですので、他の診療科と比べると平均給料が低くなると予想できますね。



精神科看護師の適性とは?




看護師のちょっとした言動が患者さんに大きな影響を与えてしまうことがありますので、言葉や行動を選ぶ慎重さが必要と言えます。



また、観察力に優れていること、話した内容などをしっかりと記憶していること等も、精神科看護師に求められる資質となるでしょう。



入院病棟がある病院では、患者さんがパニック状態になってしまった時に備えて男性看護師を配置しておくことが一般的です。



男性看護師のニーズが一定以上ある職場だとも言えるでしょう。



精神科看護師の求人の多さは?




入院設備のある施設や療養型の施設は、交通の便のよくないところに立地していることが多いです。



精神科領域の医療機関は増えていますが、通勤しやすい駅近の診療所・病院で探すとなると、医療機関数がかなり限られてしまいますので、なかなか看護師職に空きがないということも少なくありません。



車での通勤が行えない方や限定地域での就職を希望する方は、看護師専門の求人サイトや転職エージェントに登録しておく方が良いでしょう。



実際に利用したナースたちからの評判が良い看護師転職サイトについては、次の記事で詳しく説明しています。

看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる