こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



手術室看護師には、手術を行う医師を直接サポートする『器械出し』の役割と、間接的なサポートや手術前後の患者さんと家族のケアを行う『外回り』の役割があります。



この2つを行うにあたって、どのような適性・資質が求められていると見ることができるでしょうか。



今日は、手術室看護師の役割から見た手術室看護師の適性・資質について探り、私の意見も一緒にご紹介してまいります。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





手術室看護師の役割から見た適性1;知識欲




『器械出し』で手術室看護師に求められるのは、多種多様な医療器械がどのような場面で求められるのか、どのような名称で呼ばれているのかを迅速に判断し、医師が時間的なロスなく手術を進めていけるようにサポートすることです。



何度も実践すれば器械出しをスムーズに行えるようになりますが、どの患者さんにも最高の医療を提供するためには、スムーズに器械出しを行えないからと言って、「私はまだ場数を踏んでいないから」「この診療科の手術には慣れていないから」などの言い訳をすることはできませんよね。



手術室看護師は、旺盛な知識欲を持って医療器械や術式について勉強し、患者さんの生命を守らなくてはならないのです。



手術室看護師の役割から見た適性2;推測する力




知識に基づいた『器械出し』も必要ですが、次に必要とされるであろう器械を準備して、医師に手渡しすることができれば、より手術はスムーズに行えます。



器械を手渡しながら、次の器械を推測する力が、手術室看護師には求められているのです。



手術室看護師の役割から見た適性3;高いコミュニケーション能力




手術室看護師は、病棟看護師や外来看護師と比べると患者さんとコミュニケーションを取る機会が少ないですので、「コミュニケーションが苦手な人でも問題のない職場」「仕事だけ淡々とこなしていたい人に適した職場」と思っているナースの方が多いようです。



ですが、そんなことはありません。



密室で限られたスタッフと長時間仕事をともにするのですから、普段から密にコミュニケーションを取り、スタッフたちの気持ちをよく把握していなければ、手術と言う共同作業をスムーズに行うことなんてできないと私は思います。



また、手術を受ける前の患者さんや家族、手術後の家族は、強い不安を抱えていますよね。



患者さんや家族の不安を少しでも取り除くことができるように親しく話しかけることができるのも、手術室看護師に必要な資質なのではないでしょうか。



スポンサーリンク




手術室看護師の役割から見た適性4;集中力




どんな医学的処置にも強い集中力は求められます。



ましてや体にメスを入れる手術においては、非常に強い集中力が求められるのは当然と言えるでしょう。



集中力が途切れてしまうと言うことは患者さんの生命にもかかわってきますので、1日に何件も手術が入っているときでも強い集中力をキープできることは手術室看護師の役割を果たす上で欠かせない資質なのです。



手術室看護師の役割から見た適性5;冷静さ




看護師は患者の急変に対して冷静な対処を行わなくてはなりませんが、急変が日常茶飯事となる手術室においては冷静さを欠くことが患者さんの生存率・機能維持率を大きく下げてしまうことに繋がりますので、どんなときでも冷静さを保つと言うことが非常に重要ということができるのです。



また、冷静さは、最善な判断を行う上でも欠かせないものです。



どんなに手術数をこなしたベテランの看護師でも、精神状態が落ち着いていないならば、過去の事例や患者さんの体調、病状などを総合的に見た的確な判断を行うことはできないと私は思います。



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる







おすすめの関連記事




⇒看護師求人・転職サイトランキング!人気おすすめをナース評判で