治験に携わる看護師の忙しさやニーズ等について


こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



新薬開発には欠かせない『治験』。治験に関わる看護師は、具体的にはどのような業務を行うのでしょうか。



また、治験に関わる仕事の探し方や忙しさ、ニーズの多さなどについて、私の経験から説明いたします。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





治験に携わる看護師の仕事内容




治験に携わる看護師の仕事内容


看護師が治験に携わる場合、ほとんどが看護師としての立場ではなく看護師資格を有した『治験コーディネーター(CRC)』の立場で業務を行います。



また、所属先は医療機関ではなく、製薬会社や治験施設支援機関(治験コーディネーターの派遣を行ったり、治験業務を円滑に行えるようにサポートしたりする民間企業。SMOとも呼ばれる)となります。



治験コーディネーターの仕事内容を見ていきましょう。



治験コーディネーターとしての看護師の仕事内容1;被験者の募集




治験に参加する被験者の募集を行います。



今までの治療歴や服薬歴から治験に適した患者さんを医師に紹介してもらったり、医療機関の承諾を得てカルテなどから該当する患者さんを探したりすることもありますが、新聞やインターネットを通じて大々的に広告を出すこともあります。



被験者の候補が決まったら、治療歴や服用歴を詳細にチェックして治験目的に合致するかを確認し、候補者の面接を行って、治験の意図や予想される副作用などについて説明します。



治験コーディネーターとしての看護師の仕事内容2;スケジュール管理




治験コーディネーターは、服薬や検査のスケジュール管理も行います。



定期的に被験者に面談し、決められたタイミングで決められた量の服薬を行っているか確認し、薬剤の血中濃度の測定や期待される効果などが見られるかなどを検査によって明らかにします。



治験コーディネーターとしての看護師の仕事内容3;治験に関わる人への連絡




治験コーディネーターは、治験がスムーズに実施できるように、被験者や担当医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師などの全ての関係者とこまめに連絡を取ります。



日程などにずれはないか、互いに把握している事柄が食い違っていないかなどを確認します。



治験コーディネーターとしての看護師の役割4;報告書の作成




製薬会社や治験施設支援機関に報告する症例報告書(CRF)を作成します



データに間違いがないかを確認するだけでなく、適時、被験者や医師の承諾を得ているか、日付けが前後している部分がないかなどを事細かにチェックします。



スポンサーリンク




治験コーディネーターは忙しい?




治験コーディネーターは忙しい?


治験コーディネーターは、特別な資格が必要な仕事ではなく、製薬会社や治験施設支援機関に就職してCRCとして任命されたら誰でも担当することができる仕事ですが、医療従事者や患者さんに医学的な説明を行う機会も多いので、知識と経験が豊富な看護師や薬剤師などの医療系有資格者が就くことが多いです。



病院などの医療機関とは異なり一般企業勤めとなりますので、週休二日かつ定時出勤・定時退勤が可能です。



業務もほとんどが対象病院内で行えますので、そこまで忙しくなることはありませんが、製薬企業などの依頼主から期限が迫っているにもかかわらず症例報告書が完成していないときやデータに不備が見つかったときなどは、時間外の作業を行わなくてはならなくなることもあります



給料も会社員と同程度




職場は医療機関となるものの、看護師としてではなく企業の社員として働きますので、年収も看護師水準ではなく会社員水準になります。



そのため、勤務してすぐの年収は夜勤などの各種手当のある看護師よりは低いことが多いですが、係長・課長・部長と役職が付いていくと700万円を超える年収も期待できますので同年齢の看護師より高くなることもあります。



治験コーディネーターの適性とは?




スクリーニングや書類作成が主な業務ですので、病院で行う看護業務とはまったく異なる業務となります。



一般企業に勤めて規則的な生活を送りたいと言う方には、非常に適した仕事と言えるでしょう。



また、定時に退勤することが可能ですので、結婚している方や子どもがいる方でも続けやすい職種と言えます。



私の教え子にも数人治験コーディネーターとして活躍しているナースがいますが、皆、普通の会社員と同じく週休二日の9時5時勤務なので、自分の時間を持ちやすいと仕事を評価しています。



同じく規則的な生活が見込める職場として、保育園やデイサービスを挙げることができます。



それぞれの仕事内容や働き方、忙しさについては、次の記事が参考になるでしょう。

保育園看護師の仕事内容とは?忙しさや適性の実際について!

デイサービスの看護師の仕事内容とは?忙しさや残業について!



治験コーディネーターはニーズの多い職種なの?




慢性的に不足しがちな看護師と比べると、治験コーディネーターはそこまで多くの人数が必要とされる仕事ではありません。



ですが、規則的な就業スタイルに憧れる看護師は多いですので、治験コーディネーターの仕事も人気は高いと言えますね。



私が担当した看護学生の中でも、大学卒業後すぐに製薬企業や治験施設支援機関に就職した人もいますが、もちろん、看護師として実務経験を何年か積んでから、治験コーディネーターとして製薬企業や治験施設支援機関に転職することも可能です。



看護師専門の転職サイトでは治験コーディネーターの求人も閲覧することができますので、治験コーディネーターとして臨床で働くことを希望する方は登録することが転職への近道となるでしょう。



とは言っても、治験コーディネーターの仕事は、医療機関や介護施設の仕事と比べると圧倒的に求人数が少ないです。



どの転職サイトでも扱っているというわけではありませんので、紹介案件数の多い転職サイトで探すことが必要になります。



案件数が多く人気の転職サイトについては、次の記事を参考にしてくださいね。

看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!



スポンサーリンク