こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



平成27年から始まった「特定行為に係る看護師の研修制度」。



この研修制度を履修することで、21区分に分かれる38の『特定行為』を看護師が行うことができるようになります。



この『特定行為』とは、インスリン投与量の調整や抗がん剤などの薬剤が血管から漏出したときのステロイド剤のお局所注射・投与量の調整などの高度な知識・スキル・理解力・判断力が求められる医療行為を指していますので、看護師は指定された機関や医療センターで研修を受けたとしても手順書に従って実施する必要があります



それほど慎重を要する特定行為。



看護師が実施することでどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





特定行為を看護師が行うメリット




「特定行為に係る看護師の研修制度」という制度が誕生したと言うことは、看護師が特定行為を行うことで何らかのメリットがあると国が判断したからに他なりません。



どのようなメリットがあるのでしょうか。




特定行為を看護師が行うメリット1;医師の負担軽減




現時点では、特に救急医療を行う際に、医師への負担が大きすぎ、看護師は指示を待つだけという光景が良く見られます。




ですが、特定行為を看護師が自分の判断で行うようになると、医師の指示が必要になる行為が減りますので、医療現場における医師への過剰な負担が軽減されることになるでしょう。



特定行為を看護師が行うメリット2;治療効率の向上




1分1秒を争う医療現場では、看護師が医師の指示を待っていたために処置が手遅れになってしまうこともあるでしょう。



特定行為を看護師が自分の判断で行えるようになると、治療行為の効率が向上し、多くの患者さんの生命を救うことにもなると考えられます。



特定行為を看護師が行うメリット3;看護師のモチベーション向上




病院等の医療現場では、看護師は医師のサポート的な役割を果たすことが多く、「自分が学んだことが充分に生かせていない」「いつも命令されてばかりで辛い」と感じるナースも少なくないのではないでしょうか。



ですが、特定行為研修を受けることでナースが主体となった治療行為が可能になるなら、看護師自身のモチベーションが向上し、「もっと積極的に学ぼう」「もっと患者さんの命を救いたい」という熱い思いが今まで以上に生まれてくると私は思います。



特定行為研修の受講が勧められるナースの特性や法的な権限については、次の記事で詳しく述べています。



特定行為に係る看護師の研修制度を受けるべきナースの属性3つ!


特定看護師とは?制度的・法的な位置づけと仕事の範囲について!



スポンサーリンク




特定行為を看護師が行うデメリット




看護師が特定行為を行うことで医師の負担軽減・治療行為の効率化・モチベーション向上などのメリットがあると予想できますが、いくつかのデメリットも懸念されています。



特定行為を看護師が行うデメリット1;看護師の負担増大




診療する医師も激務ですが、看護師も激務であることは変わりません。



看護師が行える行為が増えると言うことは、看護師の業務も増えるということを意味しますので、看護師にとっては良いことばかりとは言えません。



また、特定行為はいずれも高度なスキルを必要とする行為ですので、激務である上に集中力も求められ、看護師の精神的・身体的ストレスが高まるだろうと私は思います。



本来の医師と看護師の役割の違いについては、次の記事で詳しく説明しています。



医者と看護師の役割の違いとは?協力するためにできること!



特定行為を看護師が行うデメリット2;患者の不安




特定行為を看護師が行うと言うことは、患者さんにとっては医療行為を看護師が行うことを意味します。



特定行為研修を受けても公的な資格ではなく『研修修了書』しか受け取ることができませんので、研修内容や特定行為の制度を充分に把握していない患者さんにとっては不安を覚える可能性は充分にあります。



また、患者さんの家族も、「なぜ看護師がこの行為をするのか?」と不安に思うかもしれません。



特定行為を看護師が行うデメリット3;看護師の法的責任増大




実施する行為が増えると言うことは、責任が増えると言うことでもあります。



看護師が自らの判断で行った管理行為や処置が、もし間違っていたとするなら、医療過誤の責任はもちろん看護師自身に問われるでしょう。



特定行為を行うと言うことは、看護師にも医師と同等の責任があると認められたということでもあると私は感じます。



特定行為研修を受けるための転職




これからも看護師による特定行為に注目が高まっていくと予測されますので、特定行為研修を受けようと志すナースも増えていくことでしょう。



ですが、勤務先が研修等に協力的でないなら、ナースもなかなか研修を受ける機会を持つことができませんよね。



非協力的な職場に勤務している場合は、転職を検討してみるのはいかがでしょうか。



長い目で見れば特定行為等のスキルを身につけておくことは、かならずあなたのためになると思います。



転職サイトに関する情報は、次の記事から得て下さいね。



看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる







おすすめの関連記事




⇒ケモ(化学療法)における看護師の役割!心構えと看護手順!