こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



2015年10月、人工呼吸管理を行っている患者さんに対する鎮静剤投与等、高度な医療的知識・スキル・判断力を要する『特定行為』を行う看護師のための研修制度が始まりました。



とはいうものの、この研修制度は任意ですので、看護師は研修を受けていなくても医師の指示があるならば『特定行為』を行うことができます。



どのような看護師がこの研修制度を活用することができるのか、「特定行為に係る看護師の研修制度」を受けるべき看護師の特徴3つをご紹介いたします。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





特定行為に係る看護師の研修制度を活用すべきナース1;リーダー




特定行為は実戦経験の少ない医師でも難しい医療行為を含んでいますので、実際に看護師が行うとするならば、経験の豊富な看護師が担当するのが自然な流れと言えるでしょう。



そのため、他の看護師よりも率先して処置を行うことが多い『チーム長』や『班長』、『主任』などのリーダー格にあるナースは、「特定行為に係る看護師の研修制度」を活用して、想定される処置に対しての知識や技術を深めておくことができるでしょう。



例えば糖尿病患者の治療を担当する部署において、「インスリン投与量の調整」を看護師が主導的に行うことができるとするならば、治療がより迅速にスムーズに行われます



つまり、糖尿病セクションにいるリーダー格のナースが「インスリン投与量の調整」のための研修を受けておくことは、ナース個人のスキルアップのためにも、部署全体の稼働性を高めるためにも非常に有益だと私は思います。



特定行為に係る看護師の研修制度を活用すべきナース2;認定看護師




厚生労働省は、なるべく多くの看護師に「特定行為に係る看護師の研修制度」を受けてもらいたいという見解を述べています。



具体的には2025年までに10万人以上の看護師に研修を受けてほしいという目標を掲げています。



ですが、研修を受けて、特定行為を医療現場で実践するためには、研修を受ける前の時点で、その特定行為に関連する深い知識とスキルを有していることが望ましいのは言うまでもないと私は思います。



ある特定の分野における深い知識とスキルを持っている看護師と言えば、日本看護協会が認定する『認定看護師』の特徴でもあります



例えば『精神看護認定看護師』なら精神領域における深い知識とスキルを有しているとされますので、「抗精神病薬の臨時投与」や「抗不安薬の臨時投与」などの特定行為研修を受けて、精神領域看護をさらに極めることができるでしょう。



実際に、日本看護協会が主催する「特定行為に係る看護師の研修制度」では、研修制度を活用するためには、最低限、認定看護師の資格を有していることが求められます



認定看護師を有している看護師で、一次試験と二次試験に突破した看護師のみが、「特定行為に係る看護師の研修制度」を受けることができるのです。



もちろん、他の団体が主催する「特定行為に係る看護師の研修制度」は、認定看護師の資格を保有していなくても受けることができますが、高度な内容の研修が行われると言う点ではどの研修も同じだと言うことができるでしょう。



スポンサーリンク




特定行為に係る看護師の研修制度を活用すべきナース3;中堅看護師




高度な専門知識とスキルを有していることが求められる研修制度ですが、厚生労働省の指針では、「なるべく多くの看護師に受けてもらいたい」研修制度であるのも事実です。



とはいっても、基礎的なスキルを身につける必要がある新人看護師がいきなり高度な内容の研修を受けるのは困難だと私は思いますが、看護師として4~10年程度の実務経験がある中堅看護師なら、「特定行為に係る看護師の研修制度」に挑戦することは充分にできると言えるのではないでしょうか。







おすすめの関連記事




⇒ケモ(化学療法)における看護師の役割!心構えと看護手順!