おすすめ求人サイトバナー

特養で働く看護師の役割とは?


こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



特別養護老人ホーム(特養)では、介護職員がスタッフのうちの多勢を占めるものの、正看護師や准看護師などの看護職員も次のように配置しなくてはなりません。



  • 入所者30人以下の施設は常勤換算で1名以上

  • 31人以上50人以下の施設は常勤換算で2名以上

  • 51人以上130人以下の施設は常勤換算で3名以上

  • 131人以上の施設は常勤換算で4名以上

  • 以後、入所者が50人増えるごとに1名の看護職員を増員



  • そのため、特養施設やその利用者が増えれば増えるだけ、特養で働く看護師が必要となり、特養で働く看護師数も増えていくのです。



    では、特養で働く看護師に求められている役割とは何でしょうか。



    また、必要な資格やあると望ましい資格、一般的な給与水準についても見ていきましょう。



    看護師転職サイトおすすめ1位 看護roo

    画像引用;看護roo!公式サイト

     年収600万以上、残業なしなど非公開求人多数
     満足度96.2%、お祝い金最大12万
     簡単30秒入力


    【高給料+休日多め】
     月給43万、年休123日、賞与105万、福利厚生充実


    【有給消化+高給与】
     月給42万、賞与100万、有給消化ほぼ100%


    【残業なし+休み多め】
     月給40万、残業ゼロ、年休125日以上











    特養看護師に求められている役割




    特養看護師に求められている役割


    特養は医療機関ではありませんが、看護師を配置することが法律で定められています。



    特養で働くナースには、具体的にどのような役割や仕事内容が求められているのでしょうか。



    特養看護師の役割1;入所者の健康管理




    特養はデイサービス等の施設とは異なり、多くの入所者にとって終の棲家となる長期にわたって過ごす施設です。



    毎日、健康に暮らすことができるために、特養で勤務する看護師には、問診やバイタルチェックを通して入所者の健康管理をしっかりと行うことが求められています。



    特養看護師の役割2;入所者への健康指導




    健康に問題が生じた時は、できるだけ早く医療機関で検査・治療を受けられるように手配するだけでなく、健康的に暮らせるように個々の生活習慣に合わせたアドバイスも行うことも特養に勤務する看護師の役割です。



    前述のように入所者に対して看護職員はごくわずかしか配置されませんので、看護師一人一人が責任を持って入所者の健康指導を行わなくてはなりません。



    特養は、要介護1以上かつ満65歳以上の方が入所する施設です。



    そのため、介護を必要としない方や若い方に比べると、どうしても健康上の問題を抱えやすい状況にあると私は思います。



    特養看護師は細かく入所者の健康をチェックし、問題が深刻化する前に対処できるようにしなくてはならないのです。



    同じく高齢者が多い施設で働くナースの仕事内容については、次の記事を参考にしてください。



    老健看護師の役割とは?年収の実態と給与アップの方法について!

    介護老人保健施設の看護師の役割とは?働きやすい職場の選び方!



    スポンサーリンク




    特養看護師に必要な資格




    特養看護師に必要な資格


    特養で勤務するために、特に必要な資格はありません。



    ですが、取得しておく方が幅広い働き方ができる資格というものは存在します。



    特養看護師が目指せる資格1;ケアマネージャー




    入所者のケアプランを作成することができるのが、『ケアマネージャー(介護支援専門員)』です。



    看護師がケアマネージャーになるためには、5年以上介護領域で実務経験を積み、各都道府県で実施される『介護支援専門員実務研修受講試験』に合格し、32時間以上の『介護支援専門員実務研修』を受講する必要があります。



    ケアマネージャーの資格を取得している看護師が、介護施設の中でもリーダー的存在に任命されるケースが多いように私は思います。



    特養看護師が目指せる資格2;介護福祉士




    介護系の施設で3年以上勤務した経験がある場合は、筆記試験と実技試験に合格すれば国家資格である『介護福祉士』になることができます。



    介護技術講習や実務者研修を受けると実技試験は免除されますので、実質的には筆記試験だけで資格を取得することも可能です。



    介護福祉士は介護のエキスパートでもありますので、看護師免許とともに保有しているなら、特養などの介護施設への就職が有利になります



    その他にも、日本看護協会が認定している認定看護師や専門看護師の資格を取得しておくなら、特定分野におけるエキスパートとして働くことができます。



    それぞれの資格については、次の記事も参考にしてください。



    認定看護師とはどんな看護師?役割と活躍できる場について!

    専門看護師とは?役割や種類、資格取得方法、更新方法について!



    特養看護師の給与




    特養に勤務する看護師の平均給与は35万円ほどで、夜勤を行う場合は平均年収650万円、夜勤を行わない場合は平均年収450万円となります。



    夜勤なしの場合は他の施設の年収と大差はありませんが、夜勤ありを選ぶと他の施設で勤務するよりも年収が多くなることが多いです。



    これは、医療機関とは異なり配属される看護師数が少ないため、夜勤手当も一般的な医療機関よりは高く設定されることが多いことが理由として挙げられます。



    配属される看護師が少ない分、緊急事態が起こったときの対応は大変になると思われますが、年収アップを考えている方にはオススメの施設と言えると私は思います。



    転職を視野に入れてみよう




    残業が少なく、勤務時間を管理しやすいことが特養の働き方の特徴とも言えます。



    残業がないと保育園のお迎えも定時に行きやすくなりますので、育児中のナースには嬉しいポイントですよね。



    次にご紹介する看護師専門求人サイトでは、専任のコンサルタントがナースのニーズに合わせた職場を探してくれます



    積極的に活用して、理想的な勤務条件の職場を見つけましょう。



    看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

    看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!



    看護師転職サイトおすすめ1位 看護roo

    画像引用;看護roo!公式サイト

     年収600万以上、残業なしなど非公開求人多数
     満足度96.2%、お祝い金最大12万
     簡単30秒入力


    【高給料+休日多め】
     月給43万、年休123日、賞与105万、福利厚生充実


    【有給消化+高給与】
     月給42万、賞与100万、有給消化ほぼ100%


    【残業なし+休み多め】
     月給40万、残業ゼロ、年休125日以上