こんにちは、看護師転職アドバイザーMIHOです。



現在、日本では透析患者数が年間5千人~1万人のペースで増加しています。



日本透析医学会のデータによりますと、1990年12月に透析療法を受けている患者数は103,296人でしたが、2000年12月には206,134人、2010年12月には298,252人、2014年12月には320,448人と増加の一途をたどっているのです。



もちろん、患者さんが増えると言うことは、透析療法を受けられる施設も増え、透析療法に携わるナースも増えているということを意味しています。



今日は、透析看護師の仕事内容と役割、そして、どのような働き方を目指す人に向いているかについて探ってまいります。



スポンサーリンク



次の記事もあなたにおすすめです





透析看護師の仕事内容




透析は、総合病院等の『透析室』で実施されることもありますし、『透析専門のクリニック』や『透析治療も実施する療養型病院』で実施されることもあります。



透析室』に配属されたり、『透析専門のクリニック』で勤務したりするときは、主に患者さんが透析治療を受けるための準備や透析のための穿刺・抜針・止血、透析に使用する機械の調節、透析治療中のバイタルチェックを実施します。



ですが、『透析治療も実施する療養型病院』では、透析治療を受けるための準備や透析のための穿刺・抜針・止血、透析に使用する機械の調節、透析治療中のバイタルチェックに加えて、患者さんへの日常的な健康チェック、入浴や食事の介助、体位交換も行います。



透析ナースとしてのスキルアップの方法やスキルアップに必要な資格等については、次の記事で詳細な情報を提供しています。



透析看護師としてスキルアップ!目指せる資格と使える資格!



透析看護師の役割




透析治療は、1回当たり3時間~4時間の時間がかかります。



透析治療は週に3回は実施しなくてはなりませんので、透析患者さんの体調が思わしくないときは、体に負担をかけにくい方法で5~6時間の時間をかけて(血液透過の速度を極力落とすために時間がかかってしまう)透析治療を行います。



透析看護師の役割1;患者さんへの声掛け




もちろんどちらの方法で治療を実施したとしても、透析治療は患者さんの体力と気力を激しく消耗してしまう治療法であることには変わりありません。



そのため、患者さんを励ますこと、「もう少しですよ」「気分はいかがですか」等の心のこもった声掛けを行うことが、透析看護師の最大の役割とも言えると私は思います。



透析看護師の役割2;痛みを軽減する




週に3回、シャントから穿刺を行いますが、穿刺が上手でないと患者さんは痛みを感じてしまいます



痛みを感じたまま3~4時間耐える事はとても辛いことですので、患者さんのためにも、穿刺のスキルを磨くようにしましょうね。



また、穿刺が上手に出来たとしても、透析治療中に突然気分が悪くなることも少なくありません



患者さんが痛みを抱えていないか、こまめに見周りを行い、痛みに早く対応できるようにしておきましょう。



透析看護師の役割3;患者さんへのメンタルケア




透析は一度実施すると、生きていく限りは一生続けていかねばならない治療です。



そのため、患者さんは、終わりの見えない治療に心を病んでしまうことや、自暴自棄になってしまうこともあるでしょう。



透析治療中に声掛けをすることも大切ですが、透析治療の前後にも気軽に声をかけて、患者さんのメンタルケアを行うことも看護師に課せられた大切な役割なのです。



また、透析治療は、患者さんの家族も精神的にも身体的にも大きな負担を強います。



患者さんの家族の話しもこまめに聞き、少しでも心が楽になるように手助けすることも重要だと私は思います。



スポンサーリンク




透析看護師の働き方!どんな人に向いている?




人工透析療法を実施している療養型の病院で働く場合は、他の夜勤ありの病院看護師と大きな違いはありませんが、『透析専門のクリニック』や病院の『透析室』に勤務する場合は、急患の対応をすることや残業はほとんどないことが特徴となります。



元々、透析治療は緊急に実施されることはなく予約をしてから実施しますので、それに合わせて看護師の働き方も他の診療科よりも規則的になるのです。



ですから、育児や家事のために、毎日定時出勤・定時退勤したい方には大きなメリットになると言えます。



透析専門のクリニックでは、患者さんの便宜を図るために夜間治療や休日治療に業務対応していることもありますが、深夜に治療を実施することはまずありませんので、泊まりの夜勤をしたくない方にも適していると言えるでしょう。



また、透析専門クリニックでは、パートタイムの看護師も募集していることが多いです。



日中や夕方、休日に短時間だけ働きたい方にも適した職場になると私は思います。



夜勤手当が見込みづらいことがデメリット




療養型病院で人工透析治療を実施している場合は通常の病棟勤務と同じく夜勤がありますが、透析専門病院で透析治療を実施している場合は夜勤がありませんので、その分、夜勤手当が見込めず、給料が低くなってしまうことがデメリットとも言えます。



「透析治療には興味があるけれど、夜勤手当もしっかりと欲しい」と考えているナースは、療養型病院や内科・外科などの他の診療科もある総合病院で勤務する方が良いかもしれませんね。



転職を成功させるためのポイントについては、次の記事でも詳しく説明しています。



透析看護師の求人はココを見る!失敗しない転職を目指そう!



取り扱う案件が多い看護師求人サイトを利用すれば、細かな希望やこだわりの条件を満たす仕事を見つけやすくなります。



次の2つの記事で全国規模の大手求人サイトを集めましたので、ぜひ参考にしてくださいね。



看護師求人サイトランキング!実際に使って良かったサイト7つ!

看護師求人サイトの祝い金ランキング!お得なサイト厳選2つ!



看護師求人転職サイトの人気おすすめランキング第1位;看護roo!






 非公開求人数多数、国内最大級の求人サポート

 口コミ数10万件以上で吟味しやすい

 徹底的な転職サポート

 お祝い金最大12万円

 利用満足度96.2%と高い

 利用無料、簡単30秒入力



看護rooの詳細を見てみる